乙女高原フィールドノート

山梨県の北部,秩父山塊のふところにある小さな高原「乙女高原」(山梨市)での自然観察記。

しましま模様の雪原

2009年02月22日 | 景色

2月22日,久しぶりに乙女高原へ。前々日,甲府盆地や標高500㍍ほどのウチのあたりは雨だったのですが,乙女は雪だったようです。歩いてようやく乙女高原に着きましたが,見慣れない風景にびっくり。雪原がしましま模様なのです。遠くから見た時はスキーの跡か? と思いましたが,違います。どうも「雪」に「雨」が混じっていたらしく(ほんとかな?),雪の上を雨が流れたのではないかと推測しました。おもしろいことに,遠くから見ると縞がはっきり見えるのに,近づくとぼんやりにしか見えませんでした。(2009年2月22日 観察)
コメント (3)

雪のドーナツ

2009年02月22日 | 水・氷雪・霜
雪の原に突如あらわれたリング。すでに形は崩れてしまいましたが,いったい誰が,どうやって作ったのでしょうか? どうも,「なにかの加減」で雪が斜面を降り始め,遠心力でそれが「輪」になり,あとは雪ダルマが大きくなる要領で成長していったようです。斜面に残った跡が有力な証拠です。まさに雪が作ったアートですね。(2009年2月22日 観察)
コメント

コガラの水浴び

2009年02月22日 | 
帰りがけに,林道の脇にある水たまりに寄りました。毎年,ヤマアカガエルの産卵を観察しているポイントです。去年は3月9日に初めて卵塊をみましたが,今年はそれより2週間以上も前に卵塊がありました。座って水温を測っていたりしたら,コガラが水たまりにやってきて,目の前で水浴びを始めました。そのかわいいこと,かわいいこと (2009年2月22日 観察)
コメント