北海道おといねっぷ美術工芸高等学校(おと高)ブログ

北海道唯一の工芸科の高校「おと高」の ブログです。

2017.10.23 寮で留学生のお別れ会

2017-10-25 11:27:13 | 国際理解教育

派遣生徒が中心となりお別れ会を開きました。

本日25日の朝に札幌方面へと移動するということで、短い期間でしたが感謝の気持ちを込めてのお別れ会です。

イラスト版の伝言ゲームをしたり、有志によるパフォーマンスをしたり、お菓子配ったりと楽しい時間となったと思います。

  

  

  

イラスト版の伝言ゲームはとても盛り上がったようです。何やら面白いイラストが誕生したとか・・・・

  

  

 

最後に色紙のプレゼントと集合写真の撮影、お別れはアーチをくぐって!!とても素敵な時間だったと留学生の2人から感想がありました。

これからもレクサンド高校とおといねっぷ美術工芸高校が工芸と通し、さらに交流を深め、生徒の成長につながることを願っています!!

  

 

 


2017.10.22 中川の工房へ見学

2017-10-23 10:38:58 | 国際理解教育

留学生との時間も残り少なくなってきました。昨日の午前中は、派遣生徒と留学生の計5名で、中川の工房で制作活動していらっしゃる斎藤さんを訪ね、工房見学をさせていただきました。

斎藤さんは、木の器を中心に制作活動をしているそうです。

  

  

木の器の制作過程を聞いた時生徒もとても驚いていました。私たちおと高で使用している木材は乾燥されたものが届きます。

斎藤さんは、生木の丸太などを器の第一段階の形に加工し、自然乾燥を2〜3年経て、旋盤での削りの作業に入ります。毎年制作できるように生木から形を削って自然乾燥をしているそうです。

最初の3年くらいは乾燥し終わった器がないので大変だったとお話をしてくださいました。

その後も派遣生徒や留学生からの質問に時間いっぱい答えてくださりました。貴重な時間を過ごすとともに、身近にいる作家さんとの交流ができたことが生徒にとってとても良い刺激になりました。ありがとうございました!!

  

 


2017.10.20 工業技術基礎と木工制作Ⅱの授業の様子

2017-10-21 13:06:46 | 国際理解教育

昨日の1.2校時の1年生の授業と3・4校時の2年生の木工制作Ⅱの授業は留学生の2人が授業に参加し、交流を深めました。

学校祭の工芸品販売でも人気のある「鉋ストラップ」や普段の作品制作でお世話になっている玄翁のミニチュアを一緒に制作しました。授業の合間の休み時間では、スウェーデン会話の本を使ってコミュニケーションをとったり、英語で会話したりと有意義な時間となったと思います。

また共通のゲーム「ジェンガ」を一緒にすることもできました。

共通のゲームや話題、似ている言葉などがコミュニケーションのきっかけとなり、自然と笑顔が溢れる時間となりました。

 

 

  


2017.10.19 留学生紹介と派遣生徒の帰国報告

2017-10-20 10:46:36 | 国際理解教育

昨日の放課後に派遣生徒3名と留学生2名が村教育委員会へ訪問してきました。

派遣生徒の帰国報告と留学生紹介です。そのあと、村での歓迎会があり、天塩川温泉で温泉に入ってきました。

留学生の2人はお箸の使い方も上手で、生徒と一緒の授業や休み時間、寮での時間を楽しく過ごしています。25日までの時間を有意義に過ごしてほしいと思います。

 

 

 

派遣生徒の帰国報告発表会は11月21日(火)を予定しております。一般の方も参加できます。詳しくは本校まで問い合わせをお願いいたします。


2017.10.19 スウェーデンから留学生がきました!

2017-10-19 12:50:54 | 国際理解教育

ようこそ音威子府へ!!ようこそおと高へ!!

昨日の放課後、スウェーデンから2人の留学生がきました。本校はスウェーデンのレクサンド高校と姉妹校です。国際理解教育の授業をしています。

本校代表の派遣生徒も10月の秋休み期間にスウェーデンへ行ってきました。3人とも充実した時間となったようです。

18日から25日朝まで一緒に学びます。留学生にとっても本校生徒にとっても有意義な時間となるように願っています。

 

本日の3・4校時には、2学年の木工制作Ⅱの授業に参加し、担当生徒と一緒に「箸つくり」をしました。専用の台に固定し、鉋で形を整えていきます。

海外の鉋は押して削るそうですが、日本の鉋は手前に引いて削ります。道具の違いにも驚きですね。