北海道おといねっぷ美術工芸高等学校(おと高)ブログ

北海道唯一の工芸科の高校「おと高」の ブログです。

大雪

2022-01-12 08:26:25 | 日記

今シーズンで一番の吹雪です。

生徒たちはリュックに雪を積もらせながら元気に登校していました。


2020.12.24 今年最後の登校日②1年生編

2020-12-24 11:08:14 | 日記

おと高では美術工芸の授業は多いですが、もちろん一般教科の授業もあります。

特に1、2年生は一般教科の時間も長くとられています。

この時間1年生は現代社会のGDPについて勉強していました。

 

 

社会の河野先生です。パワーポイントを駆使した授業が得意です。

 

教え合い、学び合いをどの教科でも取り組んでいます。

おと高では一般教科の先生が各教科1名しかいませんが

講習会や補習など、一般大学にも対応した学力を身につけさせるため頑張っています。

 

 

 


2020.12.24 今年最後の登校日①

2020-12-24 10:48:06 | 日記

今年最後の授業の様子を工芸科の石川がお伝えします。

今日は全校集会が午後に行われます。午前中は5分短縮で通常授業です。

その2時間目、空き時間があったので写真を撮って周りましたので複数回レポートします。

 

まずは造形室の黒板に粋な絵が描いていたのでパチリ!3年生と先生が描いてくれたそうです。

今日はクリスマスイブ、明日はクリスマス。楽しみですね!

 

造形室の隣、製図室。主に1、2年生のドラフターを使った授業で使用します。

3年生になったら奥の撮影スペースでポートフォリオに使う作品の写真を撮ったりします。

奥で3年生と先生が撮影中でした。

 

2階の小ホールスペース。本校には1階の大ホールと2階の小ホールがあり、

主に2階は在校生の作品を展示しています。

1階のホールは来月には3年生が作った卒業制作で飾られますので来年の更新をお楽しみにして下さい。

まずは、写真が3枚までしか貼れないので校内の様子でした。


2019.02.22 いよいよ旅立ちます。

2019-02-22 14:42:16 | 日記

H29年度の卒業制作作品を昨年末から最近にかけて梱包をし少しづつ発送をしていました。

その発送作業もいよいよ終わりを迎えました!

運送業者に無事に届けてもらえることを祈り、作品逹を託しました。

これは道内組の分です。

 

1年間、展示させて頂きありがとうございました。

無事に届きますように!

 


一日体験入学について(ご案内)

2018-09-19 17:10:17 | 日記

北海道内では、9月の地震により停電等の被害が発生しておりますが、本校が設置されている道北の「音威子府村」は、問題なく日常が戻っております。

さて、10月20日(土)に、本校の一日体験入学を予定通り開催します。

北海道内の公立中学校すべてに申し込み書を送付しております。参加ご希望の際には、担任の先生に相談し、中学校経由でお申し込みください。

道外からのお申し込みは、本校WebページにPDFにて申し込み用紙をダウンロードできるように用意しておりますので、こちらをご利用ください。お申し込みは北海道内の方と同様に所属中学校を経由してのお申し込みになります。

http://www.otoineppu-h.ed.jp/junior/taiken/2018-0818-1446-1.html

旭川駅前及び札幌中心部からの無料送迎バス(往復)も用意しております。

中学3年生の参加が多いのですが、中学2年生以下の参加も受け付けております。

参加時には、木工体験授業も予定しております。(自分で作った木工作品を持ち帰ることができます!)

お申し込みは10月2日(火)〆切となります。

なお、お申し込みについてのお問い合わせは、本校にお電話あるいはメールでお受けいたします。

メール otokoh@seagreen.ocn.ne.jp

電 話 01656-5-3044

FAX 01656-5-3838

多数のお申し込み、待ってます!


卒業生展を見学しました

2018-09-19 14:09:37 | 日記

先週の水曜日から3日間かけて、村内で開催されている「北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 卒業生展」を全校生徒で見学に行きました。

音威子府村の卒業生Uターン事業の一環として開催されているものです。

http://www.vill.otoineppu.hokkaido.jp/kakuka/chiikishinkou/oshirase/sotsugyouseiten.html

本村在住、あるいは村外で創作活動を行っている卒業生が作品を展示している中に、学年単位でお邪魔しました。

アート・イン・レジデンス事業として、10名の村外に在住する卒業生も、お盆頃から村内に滞在し、作品を制作していました。

今回は学年単位で3回お邪魔しましたが、村総務課の粋な計らいにより、作品の作者である卒業生数名にも会場へ足を運んでいただき、作品についてや卒業後の制作活動などについてお話を直接聞く貴重な機会となりました。

卓越した技術で制作された作品に、生徒は興奮と驚きを隠せません。

作品だけから見えない制作の意図、現在の制作に至るまでの苦労や考え方、進路の紆余曲折の中にあるブレないものなど、多くのお話を聞かせていただきました。

現在の生徒の、数年後の姿かもしれません。自分を重ね、心に響くお話を聞くことができたかと思います。

卒業生も進路は様々ですが、今回は家業の家具制作会社を継いだもの、職人に弟子入りしているもの、村の木工指導員やNPO職員、地域おこし協力隊員が駆けつけてくれました。

見学後に生徒へレポートを課題として出しましたが、将来の進路や現在の制作、授業の様々なことが関わり合っているということに気づいた、とか、人や社会とのつながりが大切だ、などと書いている生徒が、多くおりました。

卒業生の皆さん、ありがとうございました。今後のますますのご活躍を期待しています。

 

なお、この卒業生展は9月24日(月)まで、村役場横の「高橋昭五郎彫刻の館」で開催しています。

ぜひ本校卒業生の作品をご覧ください。


夏休み中の先生たち④

2018-08-03 10:18:34 | 日記

以前からこれは必要だよなーっと思ってなかなか制作出来ずにいた物を、この夏休みにやっと作れました!

それがこちらです。

じゃーん!

????

っと思った方も多いかと思います。

これは衝立です。機械で木材を加工中に材が後ろにはじき飛ばされる事が、ごくまれにあります。

その際に後方で作業してた人が居れば大事故になりかねません。

幸いなことに、今までそういった事例はないのですが、万が一の備えとして用意しました。

 

ナラ材を使用し、繊細かつタフな設計を心がけました。

使いやすさを考慮して、キャスターを付け、面(角)の取り方にも気配りをしつつ長く愛されるモノを目指しました。

たかが衝立ですが、家具として存在する以上、手を抜かずに自分の勉強も兼ねて制作出来たんじゃないかな~。

隅々まで見られると恥ずかしいけど、生徒の参考になればと思って作ったのもあります。

 


夏休み中の先生たち③

2018-08-03 10:05:19 | 日記

これは生徒や卒業生にしかわからない所の写真です。

どこだかわかりますか?

 

 

そう!その通り!!

外倉庫の左側です!!(あえて見づらい色を使用してます。笑)

ここの上部に梁を渡し、2階を設けてみました!

普段あまり使用しない4m近くある建築資材を上に上げ、少しでも使いやすく改善しました。

何事も改善は大事!!

 

これを全て一人でやったんだから大したものだ。と自分を褒めてあげました。

めでたし、めでたし。

 


夏休み中の先生たち②

2018-08-03 09:53:08 | 日記

じゃ~~~ん!!

今年のポスターが完成しました!

今年は色を着けてコピーも変えてみました。

去年と同様クラフト紙を使用してます。

中心にあるコピーは「ものづくりを通して「自分」を作る。」に変更しました。

本校は「ハート & クリエイション」が校訓となってます。

芸術家を育成する学校ではなく、ものづくりを通して人を育てる学校なんですよ~!って気持ちを前面に出してみました。

色に関しては去年の地味な色合いも好きだったんですが、今年は色気を出して少し目立つようにしてみました。

 

我ながら気に入っております。

額作って入れようかな。