20INCHERS

RIDING LIFE

今日イチ

2018-11-07 07:21:47 | Weblog




日記の記す時系列が前後するが‥
直感で書きたいことを素直に書くことが、楽しい執筆に他ならない。




べっこ君のお宅にお邪魔するなり忽ち失神しそうになったのは、ガレージにおいてあった1台のマシン。




何故?此処にきていきなりの再会が待っていたとは‥
あれだけ業界において話題の渦中にあった存在が、ある時期を境に忽然と姿を消してしまった、
















当時の気合い入ったフラット関西仕様。
アルミ7000系の金字塔、マジックフルーツのデリンジャー。




しかも!自分の好みを天から眺められていたように狙いを定めたプラットフォーム付きとは‥
今のシーンで量産されるマシンが、自分の求める部分などまるで知らん顔なのに対し、今度の航海には思いがけない出会いがあった。




フラット仕様。
このスタイルに自信を持ち、もっとシーンの最前線に出てきてほしい。








ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 国境なき隙間産業 | トップ | 旅情 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
驚き! (幻覚果実愛好家)
2018-11-23 10:24:17
プラットフォーム付きのデリンジャー…しかも完動品がまだ日本にあったとは驚きです。
まだアルミフレームに懐疑的だった当時、ハービス大阪でE君がデリンジャーのプロトタイプでぶっ飛びストリートをやっていて、一瞬でこのフレームに心惹かれてしまいました。
残念なことに地元にはデリンジャーが一本しか卸されず、乗ることができませんでしたが、別の購入したライダーのフルマジックフルーツで固めたデリンジャーは、それはそれはカッコよかったです。
あれから相当の年月が経ち、いまや2キロ切るクロモリフレームが出現し、マジックフルーツも見なくなってしまいました。
もはやアルミフレームの存在価値は無くなってしまいましたが、かつて時代をリードしたマジックフルーツという国産パーツブランドがあり、そのから珠玉のフレームが発売されたという事実は無くなりません。
やたらと長文になりましたが、デリンジャーを見て久々に熱い気持ちななった故です、ご容赦下さい。
最後に若者に一言……「ノーブレーキは神のみのセッティング」
そうなんですよ! (真一郎)
2018-11-25 08:19:23
僕も見た瞬間完全にノックアウトされました。
アルミフレームは乗り手を選びますよね。乗り方を知らないライダーが乗ってもすぐ折るでしょうし、言うなれば猫に小判、E君レベルが乗れば鬼に金棒、といったところでしょうね。
特にプラットホーム付きのフラット仕様、という雰囲気があまりにも懐かしくて感動したんです。

ノーブレーキ問題はファッション化してますよね。
ブレーキ使う技を全て覚えて初めて悟りを開くもの、ノーブレーキにするからこそブレーキないと厳しいトリックをするもの、持論を言い出せばキリないですが、世代によってはもともとの道理をそもそも知らないでしょうから、大人しく眺めてます 笑

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事