日々是迷走中

思いつくまま、気の向くままにつづる、人間大好き宇宙人のつぶやき。

お休みで、好天、とくれば

2018年04月30日 01時01分18秒 | 日常
ちょっと足を延ばしたい、のが人情。


近場の公園。もう、桜は終わりに近い。

池いっぱいに、花びらを浮かべて。

枝垂桜や八重桜はこれから、だね。


もう少し足を延ばしましょう。

ということで、行ってきました。岩手県北の、御所野縄文公園。

ここは、とっても広いのに、人があまりいませんよ。
ちょっとわかりにくい場所にあるんですよね。(といっても、四号線からの入口には、おしゃれな看板が立ってますが。)
駐車場は広いですし、落ち着いて散策できて、あたしはお気に入りなのですけど。
研究者っぽい方々や、子ども連れのかたなどがときおり歩いています。


日差しもなかなかに、ステキ。


縄文式の住居など、あちこち散策して。
大きな施設みたいなの、発見。
入ってみました。


画像の奥、大きな板の扉の、左の方、少し開いているの、わかりますか?

よせばいいのに、とことこ、行ってみました。

閉めようとしたら、動かないんですよ>扉

重いなぁ。
反対側に少し動かしたら。開きますねぇ。

敷居に何かがはさまっている。

あ、これに引っかかってたのか。
  見た目、アメリカのクルミみたいな大きさ、形状と色合い。

指でほじってみましたが、かけらが少しはがれた、くらいで、とれません。

よくみたら、「さくらんぼの柄」みたいなのが、ついていた。
ん?と、ひっぱったら、はずれましたよ。
はずれたから、顔に近くなって、その物体が「よく見えた」のです。








ぎゃーーーー!!!!!








クルミに見えた、長細い丸い物体。あたしがぶらさげてる、それは。

  ミイラ化したネズミでした


もう、それからが大騒ぎで。どっかに放り投げて、あっち行ったの、こっちに投げないで、の、わいのわいの。

えぇ。お察しください(泣)



落ち着いて考えてみれば。
きっと、扉の敷居に閉じ込められて身動きできず飢え死にしたんですね。。。。かわいそうに。。。

最初は、「余計なおせっかい、しなきゃよかった・・・」と猛省したのでしたが。
出してあげられて、よかったな、って、思えましたから、結果オーライ、かな?

公園のトイレ&手洗い場は、とっても清潔でした。ハンカチをお持ちになることをお勧めします。^^

   今日はパパさん、来なくて正解、だったかも?^^;;
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご報告 | トップ | カメラの日付を設定してなか... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お察しください~って …… (鳶助)
2018-05-01 00:31:42
折角 助けてあげたのに、ギャーギャーなんてさー、ネズ公くんショックかもよ~ (^^;
なんせ、otikomi さんに SOS 送ってたんだからさー
いい事してやったじゃ~ん♪
浮かばれるかな~ (^^)b

家の外の子がくわえたのを助けてやろうと思ったら、昇天してたのはあったなー

それにしても、景色もいいし ( 寒そうではあるが~ ) 、いい場所があるんだねー♪
Unknown (鳶助さん、こんばんは~^^)
2018-05-01 01:47:12
SOSね、そうかも!!?
だって、なんで「そこ」に、引き寄せられるように寄って行ったのか、まったくわからないんだよね。
最初に目に留まったときだって、なんだか、つやのある乾燥した果実、に、見えたんだ。
で、指でつまみ上げたのが「しっぽ」だ、と認識したとたんに、ね。
茶色の、毛並みやら、ひげ、小さくて黒い目玉、なんてのが、一気に認識できて。
それまで(たすけあげるまで)はね、つるん、とした見た目だったものが、一気に毛並み、に変化する、って、おかしくない?
あたし、知らずに指で、わき腹辺りを「ほじって」くずした、んだよね、結果として。
でも、そのときは、乾いた果実の殻、みたいな感触だったし、ただの「かけら」だったんだ。
理解したとたんに、反射的に投げ出したんだけども。
落ち着いて考えたら「びっくり」は、したけど、恐怖は感じなかったんだ。
なんか、おかしいよね、それって。
なんともかわいそうなことをした、と、落ち込んだよ~
最初からわかってたら、こわさないように、気を付けて出してやれたのに、って、思った。

いや~~~、あとで、手を洗った洗った洗った。
だけど、あの場所に居るネズミさんなら、黴菌とか、あんまり縁がなさそうな感じだったなぁ。

場所としては、学術的な感覚。
縄文時代の森を再現した、というものなんだよね。
そこらここらに、竪穴式住居の復元されたもの、とか、高床式の物置とか、集会所なんか、太い木で作ってあって、ね。
長く居ても、飽きないよ~♪大人向けかと思いきや、小さな子たちも、けっこうに楽しそうだった。
秋にはバッタとか、いろんな昆虫も居るし、今の季節
野草とかも、珍しい種類のが植えられてあって、興味深いよ~
問題は、ね、横道に入ってからの、その先、が、わかりにくいんだよね。。。。
そこを改善したら、もっと訪問者が増えると思うのだけれど、もしかすると、わざと、研究者たちに向けて、ひっそり、やってるのかもしれない。
どうしても、大勢おしかけると、荒らされるからね、踏みつけられたり、植層が変化するとか、さ。
よう、わかんない。
でもって、すんごく「いい場所」なのよ~、本当に、ステキ。
もったいないような、変わってほしくないような、不思議な場所。
やっちまったい (otikomi)
2018-05-01 01:48:22
上のコメント、あたしです、鳶助さん、ごめんなさいっ!!

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事