ついに和服の購入かな

2018-01-20 00:00:17 | しょうぎ
朝日オープン準々決勝で、藤井四段は佐藤天彦名人を破り準決勝に進み、2月17日の羽生竜王との対戦が決まった。勝てば同日(午後)に決勝(相手は未定)が行われ、初の棋戦優勝となる。

と、なると・・・

和服が必要ではないだろうか。

幸い、1日二局なので、準決勝と決勝と着替えず、羽織袴付きの一セットでいいだろう。これが7番勝負だと、3セットは用意したいが、一セットでいいというのは、何とついているのだろう。

そうすると、和服選びというよりも呉服屋選びということになるのだろう。逆に呉服屋からすれば、将棋のトップ棋士ほどいい顧客はいない。だいたい特定の棋士ばかりがタイトル戦に出るのだからそういう棋士を何人か掴めば大儲けできる。

つまり東海地区の雄である松坂屋が、最初の一セットを着付師同行サービス付きで無償プレゼントすればいい。帯をつかんだら離さないというのが呉服店の必勝定跡だろう。

ついでに師匠にも浴衣一着かな。


さて、1月6日出題作の解答。

0120k


0120kk


通常と逆方向へ向かう。

動く将棋盤は、こちら

今週の問題は、実戦から取材。

0120m


もちろん藤井君のではなく、私の実戦から。どうも実戦形は駒が増えてしまう。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ、正誤判定します。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ハタハタ対ニギス(ジオパー... | トップ | 渋谷区郷土博物館・文学館 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (蛇塚の坂本)
2018-01-22 13:36:40
最終手○○○の〇手詰みと成りました。
暗算で手数自信無し。
Unknown (おおた葉一郎)
2018-01-22 13:37:20
坂本様、
正解です。手数も。

コメントを投稿

しょうぎ」カテゴリの最新記事