強制買取!!ハルピンビール株

2004-07-19 21:13:03 | MBAの意見
a7bba1fa.png中国株は、なかなか日本では情報がわからない。

中国第三位のビール会社であるハルピンビールは、突然のTOBにまきこまれたのである。この会社自身、国内のいくつもの小規模プランドを買収しながら拡大していたのだが、株価は3.0香港ドル台で推移していた。ところが30%超のシェアのサブミラー(英)が突然、4.3ドルでの買収を発表すると、今度はバドワイザーで有名なアンハイザーブッシュ(米)が5.5ドルでの買収を始めたのである。

私も実は、数ヶ月前に3ドル弱で買っていたのだが、本来の目的は長期保有である。
利益確定という考えもあるが、まあ日本国内でもめったにない話なので、ずっと持っていようと思った矢先のことである。
5.5ドルで99%以上の株を買い付けたのでケイマン諸島の法律により、残った株主からは強制的に買取り100%子会社化するとのこと。

そして、今、株を自主的に売らないと、いつになったら現金化するかわからないとのこと。

結局、いつまでも成長株を持っていようと思っても、こういうようなケースもあるわけです。換金したおカネはどうしよう。業界第2位の広東ビール株にでもしようかな。

ところで、中国株の権威といわれるXX鉄X氏。ちょっと言うことが・・・倒産寸前となっているあるガス会社を推奨しつづけている。著書も読んでみたが、少し甘いのではないか。

コメント   この記事についてブログを書く
« 走れ!ユニクロ | トップ | 日本のビール状況 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

MBAの意見」カテゴリの最新記事