先手で千日手を狙う奇策

2019-05-11 00:00:21 | しょうぎ
知人が、GWは第29回世界コンピューター選手権を見ると言っていたので、どこで開催されるのかを調べると川崎駅の近隣だった。横浜に住んでいるので、川崎駅で観戦して、その後、よく行く沖縄料理店に行こうかな、と知人に確認したら、「会場で見るのではなく、ニコ動で見る」という意味だったとのこと。人間の言葉は脳の中で生成されるのだが、思考法はひとそれぞれなので、なかなか正確に意を伝えるのは難しい。

そして、色々とネット上で調べても、会場のチケット入手方法はわからないし、そもそも、何かのショーが行われるのかどうかもわからない。ということで、数日後に結果をチェックすると、やねうらお氏率いる『やねうら王』が辛くも優勝したそうだ。その世界では有名人だが、初優勝とは意外。

で、氏のサイトを読むと、対局ごとに細かく設定やプログラムの微調整を行っているようで、結局、人間が対戦相手の棋譜を確認しながら戦っているようなことが書かれている。終盤の強い相手と対戦する時は、序盤の時間をあまり使わないとか、・・

そして、決勝リーグの最終局は奇しくも4勝1敗同士の対戦となる。やねうら王×Kristallweisen(略して『白ビール』)。やねうらお氏によれば、勝った方が優勝だが、引分け(特に千日手)の時のルールを確認したところ、他チームとの対戦結果から『やねうら王』の優勝ということがわかり、急きょ引分けの評価値を高めた結果、千日手狙いの手が選ばれたらしい。

1000nichi


図が千日手の局面で、遡ると『白ビール』の角が2二にいるときに、『やねうら王』の左銀はまだ八段目にいた。そこで3六歩を▲3五歩と突いたわけだ。すかさず『白ビール』が△1三角。罠にはまったわけだ。『やねうら王』は歩を守りにくい。しかし▲3七銀、△3五角、▲4六銀と進む。この後、△4四角、▲5五銀、△3五角、▲4六銀で同一局面になり、4手一組を3回繰り返し4回目の▲4六銀で37手目に千日手が成立。ルールにより引分けとなり『やねうら王』が優勝。

しかし、少し考えてみると、図から▲1三角がある。▲1五歩では△1五同歩以下の角と銀香交換になり、機を見ての△8三香打が激痛になる。その他、特段『白ビール』が急に不利になる手も見つからない。

『白ビール』のプログラム上、4回目に手を変えようとしていたのだが、1回目の手が「▲4六銀(上)」に対し、4回目の手が「▲4六銀(引)」なので、まだ千日手になっていないと勘違いしたか、あるいは千日手にした方が、わずかに現局面より有利と評価したのか。

いずれにしても当事者たちの発言というのも次回大会に向けての布石のような気もして真偽につき虚々実々といったところだろうか。


さて、4月27日出題作の解答。

0511k


0511kk


初型図から4六飛を捨てる(持駒にはできない)。そして再構築を始めると、途中で桂と銀がいない方がいいことに気付く(打歩対策)。順番に片づけ盤上の飛と銀を持駒の飛と銀に交換することになる。

動く将棋盤は、こちら


今週の問題。

0511m


手数は一桁。本当は盤上の桂は置きたくなかったのだが妥協した。妥協したため簡単になってしまう。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数とご意見を頂ければ正誤判定します。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« ちはやふる-結び(2018年 ... | トップ | 君も今日から考古学者!(横... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なかはら)
2019-05-11 07:05:04
興味深いですね。
後手13角で嵌めたつもりが、
実は誘いの隙だった、という事でしょうか。
Unknown (おおた葉一郎)
2019-05-11 09:51:47
なかはらさま、
そういうように見えますが、「誘いの手」とか考えるのかなあ・・
千日手に誘導するというのは難しそうですが、千日手の中に「連続王手の反則」があるがために、プログラムが難しいらしいです。必然的に、「負けているときに千日手を選ぶが、連続王手はダメ」となるのですが、さらに今回のように千日手=負けと同じという場合、「千日手禁止」を追加しなければならず、短時間で行うためにはあらかじめ、組み込んでおいてON‐OFFで切り替えられるようにしなければならないのでしょうが、次回からは全員実装しそうですね。
Unknown (なかはら)
2019-05-11 15:34:53
千日手=勝利のルールがあるのなら、
千日手(または持将棋)誘導のプログラムが必須アイテムですね。
ちょっとチェスっぽいです。
Unknown (おおた葉一郎)
2019-05-11 22:02:28
なかはらさま
チェスではリピテーションですね。連続王手でも負けになりません。同一局面3度で成立ですから、手順が同一でなくてもいいですね。
Unknown (蛇塚の坂本)
2019-05-12 15:18:29
最終手〇〇〇〇の〇手詰みとなりました。
5四との意味解らず。
Unknown (おおた葉一郎)
2019-05-12 15:19:50
坂本様、
5四とは、盲腸駒ですね。もともと竜が6一で桂がいなかった時の名残ですね。

コメントを投稿

しょうぎ」カテゴリの最新記事