ゆめまぼろし百番

2012-08-25 00:00:47 | しょうぎ
駒場和男氏の「ゆめまぼろし百番」を読了。

読了といっても、論文とか小説といったものではなく、自選詰将棋集。それも長編ばかり。さらに著者の思いは、江戸時代の伊藤宗看、看寿兄弟の「詰むや詰まざるや」に挑戦という気迫を感じさせる。

yumemaboroshi100


ということで、棋譜を目で追っていてもしょうがないのだが、駒を盤で並べるのも、やってみて大変な苦労であることがわかる。そのため、一旦デジタル盤にしてから、検討することにしたのだが、打ち込むのも大変な手間となる。このため初型を配置した後、ソフトで解を探して、そのまま保存していこうと作戦を立てたのだが、実はそう簡単にはいかない。多くは、その基本方針でいいのだが、収束に関してのルールの考え方が、氏とソフトと異なるため、かなりの数の作品は、途中から先を本の通りの手順に修正していかないといけない。

ともあれ1ヶ月ほど前にデジタル化は終わっていたのだが、それを動かしながら本を読むという難行を続けていて、やっと終わった。

まあ、どうやって作れるのか見当も付かない力作揃いなので作品についての評は書けないが、ちょっと感じたのは、作品に対する作者自身の評価。

結構、「こんな難しい問題は自分以外にはできないだろう」的な自賛型の記述が多いように思える。逆に、巨椋鴻之介氏の詰将棋本、「禁じられた遊び」では、自作について、謙虚過ぎる自虐的な評価ばかり並んでいたような気がする。

自分に厳しい人、自分に甘い人、世間は色々だ。ほどほどがいいのだろうが・・


さて、8月11日出題作の解答。

d12


▲3五角 △4六玉 ▲3七銀 △5七玉 ▲6五飛 △5八玉 ▲6八飛 △5九玉 ▲4八銀まで9手詰。

3手目の発見が課題となる。

動く将棋盤は、こちら


今週の問題。

0825


夏の猛暑も峠を越えたということだそうで、そろそろ出題問題の難化をしてみた。

これは、詰将棋全国大会の課題握詰にチャレンジした問題。落選作である。

手数は、かなり長く、高校野球の奪三振王が必死にスライダーを投げまくっても、1試合でこれ以上の数の三振を取るのは難しいだろう。途中、6手目の選択がやっかい。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と手数を記していただければ、正誤判断。

コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« バターナッツかぼちゃ | トップ | 百年前の修学旅行 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
握り詰解答 (コモン)
2012-08-26 21:35:56
○●○(○)まで●○手詰
この駒種駒数では竜追いの手筋での応募が多そうですね。
詰将棋解答 (やぶいり)
2012-08-26 21:36:37
○●○まで29手でしょうか。
振り逃げ出塁したようですね。
好防の6手目の後、8手目は限定? 非限定?
変化も難解で、43歩に対する手順中の41龍は随分考えました。
Unknown (おおた葉一郎)
2012-08-26 21:37:31
コモンさま
正解です。>竜追い。どうなのでしょう。
Unknown (おおた葉一郎)
2012-08-26 21:38:02
やぶいりさま
たぶん正解ですが、手数が???
誤答の状況 (やぶいり)
2012-08-27 19:53:42
12手目の逃げ方ミス+冗長手順つまり変別でした。
12手目は2択で、参考のため私の誤答は
(1)62玉: 51龍、72玉、81龍、62玉、52金以下29手最長
(2)72玉: 81龍、62玉、52金以下27手
でした。
見直した結果、(1)は頭の4手が不要とわかりました。
すると(2)が最長手順に昇格です。
間違った道もローマに通じて、52金以下同文、最終手は正解でした。

(管理人様 差し障る部分は適当に伏字に願います)
Unknown (おおた葉一郎)
2012-08-28 21:14:49
やぶいりさま
そうですね。柿木将棋で解くと、(1)の手順になるのですが、もっと短くなるのですね。。

コメントを投稿

しょうぎ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

単なる話題作りなのか?本気なのか?ピース綾部祐二 藤田紀子 熱愛 画像・動画 (熟女好きにもほどがある!綾部祐二と若貴の母の熱愛の行方)
綾部祐二と若貴の母、藤田紀子さんの熱愛が発覚!