こぼれ話3題

2008-11-27 00:00:11 | 市民A
CNNjapanから見つけた、「ちょっと、ちょっと、・・」な話を3題

忘れた携帯に妻のヌード写真、ネット流出でマクドナルド訴え

アーカンソー州フェイエットビル(AP) 米アーカンソー州の男性が21日、マクドナルドに置き忘れた携帯電話に保存していた妻のヌード写真がインターネット上に流れたとして、忘れ物の管理を怠ったと店側を訴えた。

訴えによるとフィリップ・シャーマンさんは今年7月に、フェイエットビルのマクドナルドに携帯電話を置き忘れていた。店側はこの忘れ物を、シャーマンさんが引き取るまで適切に管理する必要があったと主張している。

シャーマンさんと妻のティナさんは、写真がネットに流出したことで非常な苦痛を受け、引っ越しを余儀なくされたとして、300万ドル(約2億9000万円)の損害賠償を求めている。

悪いのは、誰だ。

A.男性(シャーマン氏)
B.妻(ティナさん)
C.マクドナルド店長
D.ネットに流出させた人物
E.シャーマン氏の弁護士

2億9000万円だそうだ。あまり見たくないなあ。


男女受刑者、監房の天井裏通って「獄中セックス」十数回以上

米インディアナ州ブルームフィールド――インディアナ州南部にあるグリーン郡の刑務所で男女の受刑者6人が監房の天井裏をつたわって会い、セックスしていたことが20日までに分かった。今年9月から10月まで十数回以上に及ぶという。

17歳から44歳までの男3人と21歳から27歳までの女3人。夜中に、監視カメラの盲点となる場所で金属製の天井パネルを外してはいながら「通路」を進み、女性受刑者の監房などに入っていたらしい。

男の受刑者の監房で自家製の酒を飲むこともあったという。

何か、のどかな感じがするが、期間と回数からすると、二日に一回ずつやっていたのだろうか。男女3人ずつ同数ということは、いつも同じ相手だったのだろうか。その場合は年齢順とか?あるいは、シャッフル?

単に、刑務所側がマヌケということだろうか。

むしろ、「自家製の酒」の方が問題みたいな気もする。脱獄とか密造酒とか、特殊技能的な犯罪者のような感じだ。

17歳で服役中とは、ずいぶんいい人生だ。


マイケル・ジャクソン、中東の王子と和解か

中東バーレーンの王子が米人気ポップ歌手マイケル・ジャクソンさんを訴えていた裁判で、ロンドンの高等法院は24日、双方の間で和解が成立したと発表した。

和解内容の詳細は不明。ジャクソンさんは同日、高等法院で開かれる裁判のため、米国からロンドンに向かう予定だったが、飛行機に乗り込む直前に和解と渡英延期が知らされた。

ジャクソンさんを訴えていたのは、バーレーンのシェイク・アブドラ・ビン・ハマド・アル・カリファ王子(33)。王子と共同でレコーディングして作るとしていたアルバムと、自伝について事前に支払いを済ませたが、いずれも制作されなかったとして、支払代金700万ドルの返却を求めていた。

一方、ジャクソンさんは、王子からの支援については「贈り物」だと認識していたと反論。当初は体調不良を理由に、出廷せずにビデオ回線で裁判で証言する予定だったが、医師の許可を得たとして渡英の準備を進めていた。

日本にも同じような作曲家がいた。方や豪邸”ネバーランド”を売却して返済。方や保釈金まで借金。

持つべきものは「友達」ということわざがあるが、実際に持つべきは「資産」ということだろうか。

いや、本当に持つべきは、「資産を持った友達」ということだろうか。あるいは、「二ツ星ふぐ料理店の若女将」?

監獄ロッカー」というコトバが何となく思いだされる。

コメント   この記事についてブログを書く
« ノヴェッロ迷走? | トップ | 「ユーモレスク・長野まゆみ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

市民A」カテゴリの最新記事