認定書代は

2012-06-30 00:00:51 | しょうぎ
将棋の普及指導員という資格を持っていて、地区の小学生向けの教室を頼まれている。

その小道具に使っているのが、『級位認定書』。こどもの名前と、与える級を書いて日にちを書き加えて渡せばいい。名刺サイズの紙切れと言えばそれまでだが、こどもたちは、結構必死になる。場合によっては親が登場して、どうしてうちのこどもの昇級が遅いのかとか詰問されたりして、困る。イエローカードを持っていると簡単なのだが、そうもいかない。

そして、乱発すると用紙がなくなるので、将棋連盟に発注することになるのだが、無料でもらえるので、まとめて数百枚を電話で頼むのだが、今回は、ちょっと違った。

ninteisho


郵送料240円也を切手でいいから送ってほしいとのこと。特にこれだけで送らなくても他の郵便物と一緒でいいと言われる。

そして、現物が到着し、240円分の切手を用意したのだが、それを送るのに80円かかることに気が付く。他の郵便物と一緒でいい、と言われても、すぐに送るものは思いつかない。結局240円分の切手を同封し、80円の切手を貼って返送する。

難解詰将棋でもじっくり考えていくと、糸口が見つかることが多いので、長く考えていると最後の80円切手を貼らずにすむ方法を思いつくのかもしれないが、そこまでの辛抱はない。


さて、6月16日出題作の解答。

c12


▲1三角成 △同玉 ▲1四銀 △1二玉 ▲2三銀打 △同と ▲3二飛成 △2二角 ▲2三銀成 △1一玉 ▲2二竜 △同歩 ▲1二歩 △2一玉 ▲4三角 △3一玉 ▲3二角成 まで17手詰。

二手目、△1四玉は13手で詰むが、その変化筋の問題も作ってみた。

bubunsaku


動く将棋盤はこちら


今週の問題。

0630


指の数の手数で終わるが、何本の手足の指だろうか・・

わかったと思われた方は、コメント欄に、手数と最終手と酷評を記していただければ、正誤判断。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 算私語録(安野光雅著) | トップ | 相撲教習所展 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
詰将棋解答 (やぶいり)
2012-07-01 17:45:29
○●○まで●○手でしょうか。
初手は手堅くストライク、2球直球の後、勝負球は変化球。
Unknown (おおた葉一郎)
2012-07-01 17:46:17
やぶいりさま
正解です。
金の交代という感じです。
Unknown ( 市橋宗士 + New!  )
2012-07-02 06:37:08
葉一郎さんへ

  うーん、ちょっと長いけど、何とか解けた
  かな?
  ていうか、手数のヒントになっていないし。
 指ではわかりません、fingerなら10本
だし、足の指はfingerではなくてtoeです
からねー。もっと言うと、手の指はthumb
だし。えっと、変化を読み切れていない
のでお恥ずかしいですが・・・
▲○●○まで?の●○15?手詰。2手目2五玉でも●○手の変化があるし、変化ありまくり。本手順
  がわかりづらい。(まぁ、私の棋力が低い、
  という、証明だけなんですが・・・)
                    市橋
Unknown (おおた葉一郎)
2012-07-02 06:47:31
市橋様
指が足りないですか。別の方からも、足の指は折り曲げにくいので数を数えられないとのクレームありました。
実は、指の数というのは、5、10、15、20と5の倍数になっているのですが、そのうち奇数は5と15なので、5手には見えそうもないので・・
2手目の非限定ですが出題後に気づきました。盤上に攻め方2五金を追加すればよかったです。

盤上の3二歩を取り除くと、二人分の指の数が必要になります。
Unknown (蛇塚の坂本)
2012-07-02 12:54:10
最終手○○○までの○○手詰みと成りました。飛を、取って攻めると見せかけて騙された感じ。
Unknown (おおた葉一郎)
2012-07-02 20:59:28
坂本さま、
正解です
飛車を取られてはいけませんね

コメントを投稿

しょうぎ」カテゴリの最新記事