将棋も別室で対局?

2020-03-21 00:00:38 | しょうぎ
将棋は新型コロナウイルスの蔓延に弱いわけだ。何しろ、1m以下の距離で二人が向かい合って指すわけで、飛沫感染のおそれもある。また、ゲームの特徴として、取った駒は自由に打つことができる。打った駒が取られたりするので、行ったり来たりすることもあり。つまり接触感染のおそれもある。

将棋連盟も棋士に陽性者が出たらどうするのだろう。

将棋のウイルスに対する欠陥に対処するため、対局者が別室でPCを介したネット将棋を指すことになるのだろうか。

さて、3月7日出題作の解答。





竜に遠いところに玉を追いやってから捕まえに行く。

動く将棋盤は、こちら。(Flash版)

GIF版はこちら。


今週の問題。



妙手がない。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数を記していただければ正誤判定します。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 野火(大岡昇平著 小説) | トップ | 文鎮(たぶん錫製) »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (蛇塚の坂本)
2020-03-24 14:46:00
最終手〇〇〇の〇〇手詰み
桂と竜の連携面白い
Unknown (おおた葉一郎)
2020-03-24 14:47:17
坂本さま、
正解です。

コメントを投稿

しょうぎ」カテゴリの最新記事