どちらの世界も、クラス別

2012-10-27 00:00:40 | しょうぎ
nman先週のUP「お見舞い用詰将棋本としては」で入院中の知人に「1・3・5手の詰将棋集」を持っていったところ、後日、「難しすぎるから、ナンプレ+鉛筆にしてくれ」とのこと。

かなり易しすぎるので怒られるかと思ったら意外な展開である。将棋では終盤が弱いと思っていたが、このレベルが瞬時に読めないと勝つのは大苦労なのだろうと思うし、そういう人こそ詰将棋を勉強した方がいいのだろう。

ところで、頼まれた「ナンプレ」だが、実はその方面には、まったく暗い。時々電車の中でタテヨコのマス目に数字を入れている人がいるのだが、それのことだろう。「数独」というのと同じだろうか。あるいは、似て非なるものなのだろうか。同じだとすると、数独の英訳がナンプレということなのだろうか。ナンバー・プレースかな?数字のはめこみとか・・

たぶん、数字の並べ方にルールがあって消去法的な思考法をするのだろうかとか想像するのだが確証はない。

そして、大型書店のスミの方にあるゲームコーナーのスミの方を探すと、かなり本が並んでいるのだが、困ったことにレベルが、初級、中級、上級、難問、超難問というように段階的になっている。詰将棋本と同じだ。どのレベルを解きたいのか、はっきりしない。

ルールを知らないから、問題の難易を判断する尺度もないのだが、たぶん3手先を読むのではなく7手先を読むとかそういう違いなのだろうと推測するものの、どうやって問題を作成するのかとか詰将棋作成者的に余計なことを考えてしまう。

で、またも無難に初心者から上級者まで楽しめるはずの雑誌「ナンプレ・マガジン」を持っていくことにする。そして、詰将棋本を回収することにする。というか、病院に寄贈するかも。


さて、10月13日出題作の解答。

a1a2


▲1六歩 △2四玉 ▲2六竜 △2五金 ▲2三金打 △1四玉 ▲1五歩 △同金 ▲1三金 △同玉 ▲2三竜まで11手詰。

動く将棋盤はこちら

今週の問題。

1027


いくつかの細かな配慮が必要な問題。

手数のヒント、ローマ数字で書くとXIX手詰め。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と手数と酷評を記していただければ、正誤判断。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« モノトーン(桜木紫乃著予定) | トップ | 「シャーロック・ホームズは... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
詰将棋解答 (やぶいり)
2012-10-28 06:33:08
○○○まで○○手でしょうか。
変化でくたびれました。

詰将棋は暗算で解けないと道具が必要ですが、数独(ナンプレ)は難易を問わず鉛筆ですべて挑戦できるのが良いですね。逆に易しくても暗算では無理なのが不便かも知れません。(熟達すれば暗算もできるのか?)
Unknown (楽大生)
2012-10-28 06:33:49
○○○まで(○○手詰)
※香単打からチョイ上がり香がいいですネ。
Unknown (おおた葉一郎)
2012-10-28 18:29:53
やぶいりさま
正解です。
変化については、2八を金にすると簡単なのですが、変化は簡単な方がいいか難解な方がいいか、ということですね。両論あるでしょうけど。
Unknown (おおた葉一郎)
2012-10-28 18:30:52
楽大生さま
そうですね。非合理の香です。
Unknown (蛇塚の坂本)
2012-10-29 18:28:26
最終手○○○までの○○手詰みとなりました。
意外に手数が長く変化手順が多いですね。本当にこれが正解か自信なし。
Unknown (おおた葉一郎)
2012-10-29 18:29:06
坂本さま
正解です。たぶん。
最長変化は17手と思います。

コメントを投稿

しょうぎ」カテゴリの最新記事