もう一つの放浪記『浮雲(林芙美子著)』

2019-07-18 00:00:19 | 書評
林芙美子と言えば事実上のデビュー作である『放浪記』が、その後の彼女に期待された作風を既定していたのかもしれない。『放浪記』は自己の半生をもとに第一次大戦後の世界に広がっていった社会不安の中で底辺を放浪する主人公(ほぼ自分の分身)が描かれていた。

そして大戦を経て、彼女は女流の第一人者として次々に舞い込む出版社やジャーナリズムからの原稿依頼をこなしていく。ただ、それらは小説の長さや筋立ての中に「期待される林芙美子らしさ」を求められ、自作の自由度を制限されていたようだ。その中で持病の心臓病は徐々に悪化をしていったわけだ。

ukigumo


そしてマイナー雑誌から引き受けた長編小説の中で、彼女の意図する構造の中で、「ゆき子」と「富岡」という生々しい二人の主人公を書き上げるわけだ。それが『浮雲』である。大戦中にゆき子は農林省のタイピストとしてベトナムの奥地に向かうのだが、赴任する道中で、農林省の官吏である富岡と運命的な出会いをするわけだ。その後、二人は現地で関係を持つことになる。

この小説の特徴として、ゆき子も富岡も多情人間として描かれ、三角関係や四角関係が次々に登場するのだが、それらの記述の中に二人のバックグラウンドが挟み込まれ、二人とも過去の男女関係を引きずっていることがわかってくる。なにしろ林芙美子は小説のストーリーが巧いのだ。

そして敗戦。二人は東京に戻るが、富岡は病気がちの妻のもとに帰ったのだが、何しろ仕事もお金もない。ゆき子も富岡にしがみつき妊娠したり一緒に死のうと温泉にいったりするが、ぐずぐずになる。ある意味、どちらもダメ人間なのだが、すべて戦争のせいなのだ。

さらに、別の男たちや女たちが登場し、脇役は次々に病死したり殺されたりして、ついに二人とも首が回らなくなり、富岡は屋久島の森で働くことになり、ゆき子はバイト感覚で勤めていた新興宗教の金庫から現金を着服して富岡に「自称妻」として付いていくことになる。(以下省略)


すさまじい力作である。そして、林芙美子の筆は冴えわたっているように思える。1948年から3年越しに書かれた本作が単行本となったのは1951年4月。その2か月後6月に彼女は他界した。人生のおまけとして、葬儀委員長の川端康成が文学史上有名になった弔辞を述べている。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 二児の母 | トップ | 石臼一本挽きとは »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
久しぶりにそそられました (ysjournal)
2019-07-18 00:40:02
おおた様、久しぶりに読む気をそそられる書評です。筆者、作品名を知っているのに読んだことが無いので尚更です。

毎日の更新楽しみにしてます。
Unknown (おおた葉一郎)
2019-07-18 11:05:43
ysjournalさま、
林芙美子の大量の作品のうち、後世に残っていくのが、自由に書いた「放浪記」と「浮雲」というのも作家の腕前なのでしょうね。
なお、二葉亭四迷にも同名作品があるので、注文の際は気を付けてください。さらに、関口夏央の「女流」というノンフィクションは林芙美子と有吉佐和子について書かれていますが、先にそれを読まない方がいいと思います。
読了 (ysjournal)
2019-08-21 01:01:12
面白くて一気に読みました。

仏印での生活レベルと日本人(軍人)の不釣り合い、外地から日本へ戻ってきたときのギャップ、70年前と今も変わらないのが印象に残りました。(色恋沙汰には疎いので)

メキシコで読んだので、トロピカルな雰囲気が身近に会って、(戦後)日本のショボさが際立ったのかもしれません。

メキシコは愛人を連れてきたい場所です。(当然、いませんけど)
Unknown (おおた葉一郎)
2019-08-21 12:11:32
ysjournalさま、
メキシコには愛人を連れて行くのではなく、カンクンに愛人を置いておくとかではないでしょうか。
ところで、浮雲ではいかにも仏印に取材に行ったように感じるでしょうが、自分では行ってないようです。放浪記は自分の体験を元に書いたのですが、後年になってこのような小説を自由に書けるのに、雑誌社や出版社のために短編ばかり書いたのは、もったいない限りです。

ところで、ドキュメントであれば、ドウス昌代の『イサム・ノグチ(運命の越境者)』が秀逸です。彼は米国で生まれ米国で亡くなったのですが、その前半生での奇跡的な日米往復が感動的です。長いのが問題ですが。

コメントを投稿

書評」カテゴリの最新記事