“道灌以後”の戦国争乱

2019-07-28 00:00:45 | 歴史
横浜市歴史博物館で閉幕間近の『“道灌以後”の戦国争乱』を見に行く。一応、「おおた」を名乗っているので、不明なことが多い「太田氏」のことをチェックしてみたかった。



まず、太田氏の起源だが大きく二説あるようだ(本当は30近い太田氏があるともいわれる)。一説は清和源氏の子孫ということで、丹波の国の太田郷より苗字を決めたというもの。もう一説は横浜にある太田郷の豪族だったというもの。

もっとも先祖が天皇でも豪族でも関係ないのだが、太田氏は上杉家に仕えていた。太田道灌の本名は太田資長。当時の関東は、上杉、武田、今川の三家の力が拮抗してた。さらに千葉には里見、茨城には結城と血も涙もない残虐な新興勢力がいた。

道灌は主君である上杉家内の分裂をおさめるため奔走し、抵抗するものは厳しく処断していたとされている。その結果、伊勢原市で入浴中に暗殺される。

その後、ラフに言えば二つに血筋はわかれる。一つは岩付太田氏、もう一つは江戸太田氏。華々しいのは岩付太田氏で、あっちに付いたり、こっちに付いたり。特に北条氏に近づいたり離れたり。一方、江戸太田氏は意図していたわけではないだろうが、細く長く生き延びていた。結局、いくつかの小規模大名や旗本として明治を迎える。

いずれにしても、はっきりしないことが多い。末裔に入れてもらおうかな。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 将棋連盟支部ニュース76号 | トップ | 携行缶でのガソリン購入に身... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (市橋宗士)
2019-08-04 22:09:50
太田?葉一郎様

 祖先のルーツ探しは、
 ある意味、楽しく、
 ある意味、哀しい・・・
 道灌さんは、勿論武士だが、
 ある少女との出会いから
 歌道にも励むこととなる、
 武士の鑑でもある、
 と思います。
           市橋

Unknown (おおた葉一郎)
2019-08-04 23:15:44
市橋様、昔の人を評価するのは難しいです。確かに山吹の歌を読んだという伝えはあって、早稲田大学の近くの山吹町というのがその場所とされています。ところが、横浜の小机城というのが、道灌に対する反対勢力が立て籠ったのですが、捕虜を皆殺しにしました。当時の東国の武将は嘘つきだらけで残忍だったのですが、道灌は嘘はつない男でしたが、だまし討ちされて、入浴中に殺されました。展覧会では、男女5人ほどのグループがきて、うちリーダーらしい人が訳知り顔で、「道灌は江戸城を作ったといわれるが、すでにできている城に入場しただけです」とウソをついていて、館員から「静かにしてください」と怒られていました。私も本物の子孫であったら、先祖の名誉を傷つける不届きもの!といって頭突きをかましたはずですが・・
市橋+2 (Unknown)
2019-08-05 18:46:41
 葉一郎様

 そうですね、
 山吹伝説は、諸説あって特定困難ですね
 内容の真偽はともかく、
 彼が歌の道に励んだのは確か、
 きっかけが何であれ、
 何かしらの芸道に励むのは
 大切なことだと思います、
 暗殺されたのは、戦国時代の常、
 不運としかいいようがありません、
 春先に黄色い花を見ると、
 真っ先に思い浮かぶのは、かの歌、
 故人を偲び、季節を愛で、春を寿ぐ、
 いつまでも語り継がれる伝説です,
語り継ぐべき伝説だと思います
               市橋

 
 

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事