このみかん(類)の実は?

2019-06-11 00:00:56 | 市民A
弊ブログ5月20号「みかん(類)の花を初めてみる」で、鉢植えの柑橘類を地面に下ろして2年経って、やっと一輪の花が咲いた。一輪しかないので何も期待していなかったのだが、大雨の後の庭の点検していると、直径1センチほどの果実が付いていた。



柑橘類のことはほとんど知らないので自家受粉するのか、どこかから飛んできた、あるいはミツバチが運んだ別の柑橘類の花粉と交配したのか、あるいは交配できずに小さな実ができておしまいなのか、いまさらよくわからない。



そもそも何の柑橘なのかもわからないので、もう少し様子をみてから、調べようかと思う。一応、花と葉と小さな実がわかれば種類はわかるような気がするが、できれば食用に耐えうるものだと嬉しい。

予想は「ゆず」だったのだが、季節的に違うかもしれない。口の曲がるほど酸っぱい夏ミカンだったりして・・
コメント   この記事についてブログを書く
« 「100年安心」が破綻か | トップ | パプリカ(筒井康隆著 小説) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

市民A」カテゴリの最新記事