これがオークションサイトに

2019-10-26 00:00:26 | しょうぎ
少し前に、ヤフオクで十数品を売り払った。使わなくなった専門書や参考書など。著作権とか関係している場合は慎重になるが、それほどとは思われない物は片づけたい。その中には、いくつか将棋関係の書籍類もあったのだが、やはり「藤井聡太」という魔法の単語が書かれていると確実に売れるが、それがないと売りにくい。

で、一般論で言うと、将棋関係のオークションは玉石混交だ。特にメルカリの方は石だらけの中に「もしかしたら玉?」というのもある。盤や駒の価格が比較的安く、「榧〇寸盤」が一桁、二桁安いのだが、売る方に知識がなく、本物かどうかを画像を見て判断するべく項目が不足していることが多い。実物を目で見ればほぼわかるのだが画像ではなかなか判らないし、裏返した画像もない場合がある。

一方、ヤフオクの場合は本物率が高いような気がするが、「こんなもの売り出すの?」というものがある。



『免状』である。

○○○○殿と実名が書かれている。(当たり前だ。)段によって、書かれる内容が異なるが、いうまでもなく、他人の名前の書かれた免状はなかなか売れないだろう。そもそも本人が売るわけはないと思われる。

おそらく、親父や祖父の遺留品なのだろう。額に入っていると場所をとるから将棋盤と駒と一緒に売ってしまえ、ということだろう。将棋を知らないと言っても、あんまりだろう。

後で免状を売られそうな場合は、遺書に「一緒に燃やしてほしい」と書いておくべきだろう。あるいはもっと確実なのは、免状の裏に遺言状を書けばいい。「全財産を将棋連盟に寄付する」とか紀州のドンファンの真似をすればいいだろう。残すべき財産がまったくない人は、そもそも免状を申請しない方がいいだろう。


さて、10月12日出題作の解答。






初手が見えにくいが、しばらく考えるとこれしかないことになる。2一の地点に合駒を打たれないように先着。「敵の打ちたいところに打て」という古典的格言通りである。

動く将棋盤は、こちら

GIF版



今週の問題。



判ったと思われた方はコメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ正誤判定します。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 旅猫リポート(2018年 映画) | トップ | 小津史料館には驚くことが »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (蛇塚の坂本)
2019-10-27 17:52:23
最終手〇〇〇〇の〇手詰み
竜の威力確認
Unknown (おおた葉一郎)
2019-10-27 17:53:17
坂本様
そうですね。変化では主役級、本筋でもある意味主役。

コメントを投稿

しょうぎ」カテゴリの最新記事