初段認定書がないために

2012-07-14 00:00:10 | しょうぎ
半月ほど前に書いた話の続きだが、小学生には級位認定書を乱発するのだが、中には初段的な子もいる。ということになると、2級、1級、初段、というように認定していけばいいはずだが、事態はそれを許さない。

まず、普及指導員に認められているのは、「級位認定」と「初段申請」。この認定を申請の差は厄介なのである。つまり私が初段と認定すると、「初段申請」ということになる。そして、現金31,500円と引き換えに桐箱入りの免状が与えられる。

問題は、こどもに初段を認定すると、31,500円出費してもらわなければならなくなるのだが、そででも申請する親もいるだろうし、馬鹿馬鹿しいといって、金を払わない親もいるだろう。

つまり、こどもが可哀想なことになる。

なので、強い子に教室を出て行ってもらうしかない。



さて、6月30日出題作の解答。

as12


▲2七金 △2五玉(△1五玉) ▲2六金 △1四玉 ▲2五銀 △1三玉 ▲2四銀 △1四玉 ▲1五金 △同飛 ▲1三銀成 △同玉 ▲2三金 △1四玉 ▲2四金まで15手詰。

盤面に2五へ攻め方の金を配置すれば、2手目の非限定は回避できる。

動く将棋盤は、こちら


今週の問題。

0714


チマチマと迫ってください。常識の範囲を出ない一局。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と手数を記していただければ、正誤判断。

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 江戸開城のあじ | トップ | 安田記念公園 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (蛇塚の坂本)
2012-07-14 18:29:56
最終手○●○●○の●○手詰みと成りました。
最終的には、銀と馬の基本的な詰み形のように思えます。
Unknown (   市橋宗士 + New!  )
2012-07-14 18:31:08
葉一郎さんへ

  いやー、いい形ですねー。
  さすがに、これは、既視感ある筋で
  攻めれば、大丈夫でしょう。
  初手▲○●○から最終△同じ場所にて
  ●○○までの、●○手詰。
  手の指で足りずに、足の指まで動員し
  ました。
  手数のヒントをください。形がいいから
  といって、短手数とは限りませんから。
                  市橋
Unknown (おおた葉一郎)
2012-07-15 07:18:05
坂本さま
正解です。基本パターンですね。
Unknown (おおた葉一郎)
2012-07-15 07:19:50
市橋さま
そうですね。初手と最終手が同じなのですね。

手数のヒント→出題直前に問題の差し替えをしたので、バタバタしてうっかりしました。

Unknown (おおた葉一郎)
2012-07-15 07:21:12
市橋さま
よく見ると、初手と最終手は場所が違いますね。
詰将棋解答 (やぶいり)
2012-07-15 12:54:36
●○●○まで●○手でしょうか。
確かにチマチマですかね、馬も牛歩で。
Unknown (おおた葉一郎)
2012-07-15 12:55:46
やぶいりさま、
正解です。
確かに、「牛」という駒があるといいかもしれませんね。
Unknown (   市橋宗士 + New!  )
2012-07-15 13:40:12
葉一郎さんへ

  あちゃー、そうでした、一路右でした。
  すんまへん、訂正いたします。
  中編ものが解けて、有頂天になって
  いましたねー。
                 市橋
  

コメントを投稿

しょうぎ」カテゴリの最新記事