年賀状のうっかりミスに気付く?

2013-12-25 00:00:53 | 市民A
年末のこの後に及んでも忘年会が続いている。いつも冒頭にあいさつしなければ、ならないのだが、そう巧い話を持っているわけでもないので、ごく簡単に、「今年はありがとう、来年もよろしく」という基本文節を、修辞法により数倍に引き伸ばしてしゃべっている。

で、追い詰められていた一つが『年賀状』。ここでミス発生。ソフトで書いているのだが、ミスの内容はソフトとは無関係。

まず、1枚目の間違いは、ただちに気付いて、ロス1枚。「平成25年 元旦」と印刷してしまった。

そして、大きなミスは、6割方印刷が進んだ時に気付く。

表にも、裏にも自分の名前&住所を書いてしまった。両面印刷だ。

どうして、そんなミスを犯したかは判っているのだが、表と裏を別に作っているから。

それで、面倒なので、両面印刷のまま発送することにしてしまった。

実は、今まで受け取った年賀状の中に、両面名前印刷があったような記憶はないのだが、案外、気付かれないのではないかと思っている。

まあ、こんなつまらないことに500字も費やすのはどうかなと思うので、やめる。

コメント   この記事についてブログを書く
« アンチョビとズッキーニのパスタ | トップ | 太平洋海戦史(高木惣吉著) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

市民A」カテゴリの最新記事