逆転の7手詰(中田章道作)

2014-06-28 00:00:30 | しょうぎ
7手詰めは難しい!という言い方では誤解をされると思います。7手詰を「創る」のは難しいということ。もっと正確にいうと、「優れた」7手詰を「創る」のは難しいということです。

なぜかというと、短いのですぐに解けてしまうからです。といってもただ難しいのがいいということでもないのでしょうが、普通の7手詰だと10秒くらいで解けたりするわけです。だから歯ごたえなしになります。1分くらい考えてもらいたいわけです。

それと、7手詰というのは、攻め方が4手で玉方が3手。玉方の好手というのは少ないでしょうから攻め方の4手の中に何手「詰将棋的な好手」を入れられるかということですが、3手は必要と思います。5手詰なら2手あれば合格でしょうが、7手詰で好手二つでは物足りない。攻め方4手の最終手は王を詰ませる手なので、そう難しくないとすると、残り3手が全部好手でなければならないのです。

そう、うまくいかないので、玉方の手にも好手を入れたり、紛れ筋を作って、そこに地味な好手を入れたりして・・。結局、作るのが難しいということになります。駒数も10枚以下にしたいし・・・。9手詰でも好手3つで合格でしょうから7手詰めの方が濃密さを要求されるわけです。

nakatatume


ところが、これを軽々と大量生産する人もいるわけで、その代表が中田章道プロ。『逆転の7手詰』はタイトルこそ変だが、かなりの好作がずらっと200題も並びます。紙質も厚く、ページの裏側の解答が透けて見えたりしないですね。

難易度は☆の数で表現され、さすがに☆とか☆☆とかは、すぐに解けますが、それ以上の難易度の場合、熟考しないと解けないです。なかでも、☆☆☆☆☆の第186番。著作権の問題もあるので紹介できませんが、3日間考えて解けずについに解答を見てしまいました。こどもの頃には、7日間考えてやっと不成の手筋にたどり着いた経験がありますが、今は忙しいのでそんなことやっていられません。

本当は、7手詰を量産したいのですが、まったく作れないのですが、世に「千手観音」というのがあるわけですが「七手観音」とか探して、お参りに行った方がいいのではないかと考えてしまいますね。お賽銭は7円とか・・(せめて7ドルにしないと・・)。

さて、6月14日出題作の解答。

e12


0614k


銀の大活躍。

動く将棋盤はこちら


今週の問題。



7手詰。☆☆☆強かな。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と手数と酷評を記していただければ、正誤判定。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« サバカレー持込み | トップ | 小泉八雲展(岡山・吉兆庵美... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (蛇塚の坂本)
2014-07-02 09:20:15
手数は、7手詰みなのですが、最終手が、2四角と4五飛成の2通りに成りました。変化同手数ですか?
Unknown (おおた葉一郎)
2014-07-02 12:56:58
坂本さま、
二手目△3五玉の変化のことかしら。
その場合は、▲3六金△同銀▲同銀△同玉▲4五飛成となって7手駒余になるので、二手目が違うことになります。
別の変化なら再度ご指摘ください。
Unknown (蛇塚の坂本)
2014-07-03 10:07:44
露骨に打つ3六金が、見えませんでした。
3六銀同銀不成2五金同銀を、読んでました。
Unknown (おおた葉一郎)
2014-07-03 14:29:49
坂本様、
ああ、よかった・・
どうもです。どこにも入選できなく見捨てられてのは、そのあたりの誤解からなのかな?まあ、「どこかで見た筋」ということかもしれませんが。

コメントを投稿

しょうぎ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事