缶けりの記憶

2019-10-21 00:00:26 | スポーツ
そういえば、こどもの頃に『缶けり』をしたことがあったが、どういう缶を蹴っていたのだろうか。缶の種類についてはまったく記憶にない。その当時の日本人は公衆道徳が野良犬並みで道端にはゴロゴロと各種の缶が転がっていたのだろうと、自分の記憶を納得させる。

ラグビーワールドカップの公式ビールはハイネケン。キリンビールが作っている。スタジアムではプラのカップが使われている。紙コップだと丸めて投げる輩(やから)がいるからだろうか。ハイネケンを飲みながらテレビで観戦したが、ガラスのコップではなくスタジアムの臨場感に近づくため、プラのコップを探したら在庫がない。非常用の紙コップはあったが、尿検査サイズであり、断念した。

缶けりラグビーの図を作ってみた。両チームのハイパントはいつまでも止まらないが気にしないでほしい。
コメント   この記事についてブログを書く
« 凧の博物館で見る多様性 | トップ | ラグビーで民衆蜂起か? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事