日吉ロール

2008-11-24 00:00:23 | あじ
日吉といえば、神奈川県では、横浜山手、北鎌倉、新百合ヶ丘と並ぶ「住みたい街ベスト5」に入る。(4つしかないじゃないか。あと一ヶ所は?、と言えば、あなたの住んでいる街だ。あるいは、神奈川に住んでいない人のために、あと一ヶ所を推薦するなら、自然愛好派なら多摩川河川敷。サーファーなら茅ヶ崎の烏帽子岩。焼肉好きなら川崎桜本町などかな。)

そして、「日吉で有名といえば」・・。


歴史ファンなら知っている「海軍軍令部」。昭和19年2月にここに移転してきた。

そして、軍令部があったのは、慶応大学日吉校である。主に、大学1年、2年が日吉で、3年、4年が三田ということになっている。最近、東急目黒線と都営地下鉄が直結したので、乗り換えなしで両校がダイレクトでつながった。

そして、次に有名になったのが、この「大麻大学」。

大麻汚染が発覚したのは日吉校の方。1、2年生は大麻を使い、3、4年生になって三田に校舎が変ると、大麻を止めるのだろうか。?????

そして、もう一つ、ごくごくごくごくローカルに有名なのがロールケーキである。

「日吉ロール」。大麻製の葉巻にも、軍艦巻きにも関係ない。

「通称、日吉ロール」ではなく、「本名、日吉ロール」である。慶応大学とは駅の反対側にパピヨンというケーキ屋さんがある。




店内に入ると、セピア色になった男性の写真がかけられ、イタリアのお菓子コンテストで2位になった記念と書かれている。なんとなく、日露戦争の頃から、ここにあるように錯覚するが、昭和後半の店である。

さっそく持ち帰り、輪切りにすると、普通のロールケーキとは異なっている点が多い。

まず、ロールしていない。ただの一重で、太巻き寿司みたいなもの。そして中身は一見生クリームだが、よくみると生クリームの中に棒状の角材方の白っぽいものが巻かれている。食べてみると、固めのババロアのような口触りで、わずかにキャラメル味がする。

確かに、独特。ちょっと評価しにくい。

好き好みが分かれそうな気がするが、地元で有名になっているのだから、何回か食べると、その味がわかるのだろうか。


で、ここまでではまったくオチのない話なので、無理やり探そうと、この「ケーキ店パピヨン」のホームページを見ていると、あることを発見した。

ブログジャーナリストの第一人者である藤代裕之氏の主戦場が「ガ島通信」。その、姉妹版があった。

ガトー通信。

どちらが先だったのかよくわからないが、まだ命名権トラブルにはなっていないようだ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 元厚労省次官宅連続襲撃事件 | トップ | 本当に、「犬」なのか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あじ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事