将棋世界から足?

2013-01-12 00:00:37 | しょうぎ
先週、「遠隔操作ウイルスによる真犯人」が出題した詰将棋について、「専門誌(詰将棋パラダイス誌や将棋世界誌)のレベルにはない」と断定してしまったのだが、実は将棋世界誌2012年1月号に掲載されたものと同一ということが判明した。約1年前に世間に登場した問題である。発行元と作者にはお詫びするしかない。

その後、真犯人は江ノ島の猫に首輪を付けたということで、ついにバーチャルの世界からリアルの世界への糸口を与えた。もちろんリアルな世界ならすぐに見つかるものでもない。古くはグリコ・森永がそうだった。

それで、将棋世界誌からの引用というのも、よく考えると他のクイズと異なって、ネット上で足跡を付けずに手に入れることは難しいじゃないかと、思うわけだ。将棋世界電子版とかあるのだが、まさか買うわけにはいかないだろうし、さらに雑誌自体も、めったな書店には置かれていない超レア雑誌である。宅送で買っている人が多いはずだ。最近は図書館にすら限られた場所にしかない。

なんとなく、横浜の小学校とか江の島とか神奈川っぽい匂いもするのだが、もしも「真犯人」を生け捕りすることができたら、将棋世界の問題を入手した方法を知りたいものである。(単に、古紙回収の雑誌の束から失敬かもしれないけど)

もっとも動機がわからない以上、果たして重大な罪名を被せることができるのかどうか、よくわからないわけだ。警察に対する冤罪の怨みという説も出ているのだが、まさか冤罪で無理やり逮捕したカテゴリーを洗っていることはないだろう。


さて、12月29日出題作の解答。

a12


0112b


2手目の変化が正解をなぞってしまうという指摘があったが、なかなか修正できないでいる。持ち駒の香二枚のうち、一枚は歩でもいい。

動く将棋盤は、こちら


今週の問題。

0112


即席で会社の昼休みに作る。

最終手は、一手前の玉型の応手で分かれるので、あと2手延ばして決着付けようかどうか思案中。

手数のヒントだが、『先代の反対を押し切って外国人と結婚した男性は、名古屋出身の名家の何代目当主になるのか(あるいは、なれないのか)』。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と手数と酷評を記していただければ、正誤判断。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 黒ハヤシ | トップ | 「近代ヨコハマ起業家列伝」展 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
詰将棋解答 (やぶいり)
2013-01-12 22:01:21
○○○まで○○手でしょうか。上部脱出対策で苦しみました。
手数ヒントが難しくてわかりません。
Unknown (おおた葉一郎)
2013-01-13 07:00:29
やぶいりさま、
正解です。手数ヒントを解くカギは、TOKU●A○A。
Re:手数ヒント (やぶいり)
2013-01-13 17:15:31
そうでしたか。代目、ベトナム人と結婚ということで。
ただ、宗家初代は名古屋でなく岡崎出身ですね。
Unknown (おおた葉一郎)
2013-01-13 21:22:46
やぶいりさま
>名古屋じゃなく・・
そういう指摘を受けるのではないかと思っていたのですが、あまりに正確を狙うと真犯人ではないかと思われかねないので、ちょっと適当に書いたのです。
Unknown (蛇塚の坂本)
2013-01-14 20:59:34
最終手●○●の●○手詰みですか。
桂の力と金の使い方が勉強になりました。
Unknown (おおた葉一郎)
2013-01-14 21:00:18
坂本様
正解です。すぐにとらないのがコツですね。

コメントを投稿

しょうぎ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事