虫を操る棋士?

2019-08-03 00:00:22 | しょうぎ
7月23日、竜王戦決勝トーナメントのベスト4がかかった豊島名人×藤井七段の対局が関西将棋会館で行われた。序中盤でやや藤井七段が優勢になったものの終盤で豊島名人の勝負手により形勢が急接近。最終盤の129手目に先手藤井七段が1九の飛を1七に浮き5七の地点を守ったのだが、この手に代わり▲2五桂と打てば藤井七段が勝っていたとされる。

この後、△5五飛、▲同銀、△5六香以下先手玉が詰んでしまった。

この場面は、AbemaTVでパソコン観戦していたのだが、実は▲1七飛のあと、ディスプレイ上に小さな虫のような点が現れて盤上をかなりの高速で動き回っているように見えた。



最初は、ディスプレイの故障かと思った。何しろパソコンは数か月前に買い替えたのだが、ディスプレイ(とキーボード)は2011年製のままだったし。

あるいは、テレビカメラのレンズに虫がついて動いているのかなとか。

しかし、ディスプレイを触ったり電源を入り切りしても治らない。しかも黒い点の動きが虫っぽいわけだ。早い話が、チビゴキブリあるいはコバエにそっくりだ。しかし、対局者は両者とも泰然としているが、盤の縁にかかると中に戻ってきたりする。どう考えても「虫」だ。

そして虫が見えなくなったと思ったら終局になった。証拠隠滅だ。後日、ビデオで確認したが、やはり虫だ。

ところで、棋士の中で最も虫が嫌いなのは渡辺明三冠だそうだ。見るだけで動揺するらしい。実は、豊島×藤井の勝者は、次にベスト2をかけて渡辺三冠と対戦することになっている。

どちらかの棋士が次局に備えて「虫つかい」の練習をしたに違いないだろう。終盤に盤上にチビゴキブリを放つ必勝法だ。次局でも虫が出てくるとしたら、「虫つかい」は豊島名人だろう。虫が出なければ本局の「虫つかい」は藤井七段だったのだろう。


さて、7月20日出題作の解答。





実は、この問題はある必至問題集の難問に触発されて作ったのだが、時節柄「パクられた」と言われると大変困ったことになる。必至の変化筋の一つを参考にはしているが、それほど似ているわけでもないし、もし炎上させたいならコメント欄だけにしていただければと思っている。

動く将棋盤はこちら


今日の問題。



詰将棋パラダイス掲載の自作を改造。あくまでも自作の改造なのでパクりとは言わない。6七銀の配置が少し不満足。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ、正誤判定します。
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« SDGsサミット近づく(T氏の踏... | トップ | 『くすりミュージアム』は口... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (蛇塚の坂本)
2019-08-04 17:12:08
最終手〇〇〇〇の〇〇手詰みとなりました。
意外と長かった。
Unknown (おおた葉一郎)
2019-08-04 17:13:36
坂本様
正解!
原作を少し水増しです。
Unknown (市橋宗士)
2019-08-05 18:52:20
葉一郎様

 うーん、初手がわかりません、
 全然筋が見えません・・・
            市橋

 
Unknown (おおた葉一郎)
2019-08-05 22:30:03
意外な攻め方です。
Unknown (市橋宗士)
2019-08-07 21:39:37
 葉一郎さま

 ヒント(?)ありがとうございました。
 ただ、「意外」という概念は、
 人によっていろいろ・・・・
 うーん、ギブです。
             いちはし

 
 

 
 
 
Unknown (おおた葉一郎)
2019-08-08 08:50:05
市橋様
初手、〇です。最もらしくない場所。次に〇手目に合駒請求。ごちゃごちゃやったあと遠打登場です。
Unknown (市橋+3)
2019-08-08 08:52:18
葉一郎さま

 初手〇〇〇以下、〇〇〇〇まで、〇〇手。
 そうでしたか、初手は本当に意外、
 飛と銀配置から、初手遠角の筋かなと、
 合駒も歩配置のため、この駒で延命、
 玉方の大駒を奪って息の根をとめる、
 と金の配置もちゃんと意味がある
 (当たり前か・・・)
 ヒントのおかげで何とか辿り着けた
 ようです、お手数かけました。
               市橋
Unknown (なかはら)
2019-08-08 08:53:20
わかっちゃいました
〇〇〇〇まで〇〇手
難しいです。
もはや将棋というゲームの枠を越えてますね
Unknown (おおた葉一郎)
2019-08-08 08:54:26
市橋さま、
正解です。初手が難関でしたね。
Unknown (おおた葉一郎)
2019-08-08 08:56:44
なかはらさま、
正解です。
空中感覚からごちゃごちゃ、定番の締めと詰め込みです。三段階で作ったので。

コメントを投稿

しょうぎ」カテゴリの最新記事