解けてうれしい7手詰(上)

2019-06-29 00:00:01 | しょうぎ
将棋を孫に伝える会の発行の『解けてうれしい7手詰(上)』を解く。(上)ということは、(中)か(下)が次に出版されるとは思うが・・・



以前から思っているのだが7手詰というのは作るのが苦手なのだ。5手詰なら好手2つ、9手詰なら好手3つというのが決まりのようなものだが、7手詰で好手2つは少ないし3つ入れるのは難しい。さらに持ち駒の枚数から手順を推定されることもある。持駒3枚だと、途中で駒を取る手はない。持駒4枚だと、駒を打つ手だけである。

以前、どこかのテレビで羽生さんが詰将棋の解き方として、持駒の枚数とか、意味が簡単に分からない駒の配置とかから推測すればいいという主旨の発言をしていたが、そういう鬼解答者を惑わせるような技を使うと「せこい」と言われる。歩で事足るのに香車の直打ちとか、一見して駒が多い場所と違う場所に王様を無筋で追う順を作ったりする。

本問題集には、そういう怪しい手はないので、安心して解けるはずだ。


さて、6月15日出題作の解答。

0629k


0629kk


少し解説すると、2手目に△2二玉には▲2一桂成 △1三玉 ▲3三飛成。これに対して△2三歩(香桂角)は▲2二竜 △2四玉 ▲3三馬まで。△2三金は▲同竜△同玉▲3三馬△1三玉▲2三金まで11手詰。

5手目▲4四馬に対し、中合いなしは早詰め。△3三角(金銀)は、▲同馬△2二飛▲3二角(金銀)以下。ということで△3三桂合となる。

動く将棋盤は、こちら


今週の問題。

0629mm


素朴な手や見えにくい手など。やや常識的な終焉。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ、正誤判定します。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« トマトでカラフル | トップ | クリムト展(東京都美術館) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (蛇塚の坂本)
2019-07-01 21:27:24
最終手〇〇〇〇の〇〇手詰み。
広いようで意外に狭いと感じた。
Unknown (おおた葉一郎)
2019-07-01 21:28:49
坂本様
正解です。遠くに打つのがポイントですね。

コメントを投稿

しょうぎ」カテゴリの最新記事