名人就位式は終わったのだが

2014-08-02 00:00:54 | しょうぎ
名人戦が終わり、免状署名者が永世名人3人(名人、竜王、会長)の連名になったはずなのに、そういう話が聞こえてこない。まさか、竜王・名人が一人だった時に書き溜めていたものを在庫がなくなるまで使う気ではないだろうか。すぐに竜王戦が始まるので、気が気でない。

在庫販売といえば、棋譜用紙。プロ棋士の棋譜は140150手までを1枚の用紙に記入できるのだが、将棋連盟の売店に買いにいくと売ってくれない。アマチュア用は120手だから、と言われる。棋風が変わって長手数をいとわなくなったため120手だと二枚になりやすいので140150手用がほしいわけだ。120手用はまだ使いきっていない。といっても、元々プロは120手用を使っていたので明らかに在庫処分が目的だろうと思うわけだ。


さて、7月19日出題作の解答。

d12


0802k


動く将棋盤はこちら



今週の問題。

0802m


わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と手数を記していただければ、正誤判断。

コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 味が変わった「極ZERO」... | トップ | 高梁成羽美術館で化石展 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
棋譜用紙 (解答欄魔)
2014-08-02 10:14:14
プロ用は150手ですよ。
Unknown (蛇塚の坂本)
2014-08-02 12:36:30
最終手○○○の○手詰みと成りました。
夏向きにスンナリスッキリ。
Unknown (おおた葉一郎)
2014-08-02 12:37:15
解答魔さま、
そうですね。3列ですものね・・
Unknown (おおた葉一郎)
2014-08-02 12:38:21
坂本さま
正解です。
スッキリ作にはわけがあるのですが。
棋譜用紙 (解答欄魔)
2014-08-02 20:45:02
元々のプロ用は1枚80手でした。指し手毎の時刻を書き込むスペースがあったためです。1局2枚は当たり前でした。
ただ、それをPDF的に読み込む保存を目指した際に、80手ではいかにも効率が悪すぎるということになり、150手のものに変更になったのです。
Unknown (おおた葉一郎)
2014-08-03 09:24:47
解答欄魔さま
情報ありがとうございます。
断片的に調べてみると、40年ほど前には、80手版を使っているということはわかりました。また、20数年前にプロ棋士との対戦譜とか、アマ大会で棋譜係を頼まれたりしたときの用紙(予備)をみると、150手です。ある時期に変り、それを知る人はかなり少ないということなのでしょうね。
となると、いきなり80×2→150となったのだとすると、120手版はなんだろうということになります。150手はA4で、120手はAではなくBでもなさそうだし?
棋譜用紙 (解答欄魔)
2014-08-03 12:21:16
120手版はアマチュア用に販売するための商品なのだと思います。プロとはなんの接点もありませんね。

コメントを投稿

しょうぎ」カテゴリの最新記事