ガンプラ秘密工場(仮)

ガンプラ他、プラモデルを限られた環境下(ノンシンナー)で楽しもうというブログ
 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

MGデスティニーガンダム・通常版(最終回)

2007年12月29日 | 現在製作中

 MGデスティニーガンダム、いよいよ最終回です。写真が多いので、前置きは抜きにしてさっそく行きます。

 「00」関連キットやMGユニコーンを間に挟んだため、肩アーマーを製作記事に載せていないことに気付いていませんでした(汗)。

 肩アーマーはこのようにパーツ分割されています。パーツの合わせ目が極力見えないように配慮されているのはさすがMGですねぇ。

 胴体側の肩関節軸への取り付け基部とビームブーメラン取り付け部はABS樹脂製です。

 無印1/100キット(写真右側)との比較。肩アーマーの前後面は単なる平面ではなく、上の方で面に折れがあります。

 上から見ると違いがはっきり分かりますねぇ。幅というか厚みがぜんぜん違います。ビームブーメランもかなり薄くなって握りやすそうです。


 MGデスティニーガンダム、ようやく組み終わりました。実に均整が取れたプロポーションですが、MGユニコーンガンダムを見た後ではちょっと脚が短く感じますねぇ(汗)。

 横から。ウイングが前傾できるのは見た目効果バツグンですね♪

 ウイングがデカいです。

 本体はコンパクトにまとまっているんですが、付属品が巨大なので場所を取りますねぇ(汗)。

 筆者はこのアングルから見るのが好きです。ちょっとつま先が地面から浮いていますが…。

 有機的な曲線を描くウイングが、独特な雰囲気をかもし出しています。

 MGストフリと記念撮影。本当はこの後、2機をからめてのアクションシーンを撮りたかったのですが、ご覧の通り並んで立たせただけで背景からはみ出してしまいます(汗)。しかも、保存状態は万全だったにも関わらずストフリの各可動部にユルみが生じていたので、泣く泣く断念しました。リハビリが必要ですねぇ…。しかも、写真を撮った日は湿度が高かったので、マーカーでゴールド塗装した部分が黒くならないよう、すぐにストフリを収納する必要がありました。
 MGストフリ対MGデスティニーのアクションシーンを期待されていた皆様、申し訳ございません。m(- -)m

 とりあえずMGストフリフルバーストモードに付属のポスターの構図で…。

 さて、このMGデスティニーですが、「ガンダムSEED」系特有の大きく脚を開いたポーズを再現すべく、股関節の角度を開くギミックが採用されているのですが…
 
 写真左のように、腰サイドアーマーの取り付け軸よりも上の板状部分が長いので、脚を大きく開こうとしてアーマーを広げても、この板状部分がウエストに干渉して大きく開くことができません。
 簡単な解決法としては、この板状部分の裏側に両面テープを貼り付け、腰フレームのポリキャップが付いている部分あたりに貼り付けるんです(写真右)。サイドアーマーの取り付け位置を下げて、ウエストとの干渉を防ぎます。

 すると、股関節の可動範囲を存分に活かしたポーズが取れます。ただし、この両面テープで取り付ける方法は、写真を撮る時など、短時間のポーズ付けにのみ有効です。ずっと両面テープで貼ったまま飾っていると、いろいろ問題が生じそうですので…

 上の図のように厚さ1ミリ、長さ8ミリ~10ミリ、幅5ミリほどに切ったプラ板の両端に直径3ミリの穴を開け、片方の穴に直径3ミリのプラ棒を接着して作った補助パーツを介してサイドアーマーを取り付けてやると、両面テープの場合と同じ効果で長時間飾ることができると思います。板の長さは8ミリ~10ミリと書きましたが、サイドアーマー裏の軸が腰フレームに干渉しない程度の長さを確保できていれば大丈夫だと思います(あまり長すぎると見た目が…:汗)。
 取り外し可能にしておけば元の状態にすぐ戻せますから、本体に手を加える改造ではありません。3ミリプラ棒は腰フレームのポリキャップに対してちょっとユルめにしておくと取り外しやすいですよ~。ランナーから作れば材料も要りませんねぇ。


 今回もアクションポーズが少ないですが、広い場所を確保しないとポーズを付けて飾るのは難しいです(キット付属のスタンドはとても長く、背景からはみ出してしまうので、使うのを断念しました)。逆にいうと、広い場所さえ確保できればカッコ良いポーズで飾れるキットです。また機会があればアクションポーズやらストフリとの対決を記事にしてみたいですねぇ(当分は無理ですが…)。

コメント (11)   この記事についてブログを書く
« MGデスティニーガンダム・... | トップ | 今年はスゴかった! »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (δ)
2007-12-29 12:55:43
無印キットよりも羽根が大きくてバランスがいいですなぁ
ストフリとの交戦シーンは相当な場所が必要ですね^^;
ポロッ・・・ (有希)
2007-12-29 19:22:35
でも、両面テープってほんとすぐ効力無くなるんですよね;
まさに

『一時的』

ですね。
前回の記事で・・・ (ハル・エメリッヒ)
2007-12-29 21:48:16
ホントは前のにコメントするべきだと
思うんですがあえてコッチで^^;

かめっちさんも
デザインナイフの刃を自分に向ける癖があるんですね・・・
実は自分もなんです^^;
指切ったことも何度もあります><
しかも癖ってなかなか治らないんですよね・・・
いいですね (ふなお)
2007-12-29 22:44:41
MGデスティニーかっこいいですね!自分はHGのデスティニーしか持っていないので少しMGの方も欲しいです。


・・・お年玉で買おうかな?
参考になります (一希)
2007-12-29 23:22:36
いいですね~この干渉回避のパーツは、参考になります。
2体あるユニコーンはパチ組みが終わり、サイコフレームにクリアーオレンジかレッドパール、どちらを吹くか悩み中です…
それが終わったら2体分のデカール類を…(^_^メ)
年末年始は実家に帰省したり成人式やらでプラモに割く時間がないんですよねぇ(T_T)
ひまですね~ (ジャア)
2007-12-30 09:15:54
正面からぱっとみだとウイングが大きくなったことくらいしか変わりありませんが細かいところに改良が加えられているんですね。

コートの件きっと油かなんかがついてたんだと思います。ありがとうございました。

質問ですが、かめっちさんはスミいれってしますか?

00、新OPが始まるとはいえ、一週間ないというのは暇ですね~
両面テープより (ザコ雑魚)
2007-12-30 09:17:21
両面テープより、ティッシュのほうが持続性あると思いますが・・・
思わず・・・ (Shiro)
2007-12-30 12:54:46
HGUCだけ・・・
そう誓ったのに・・・
デスティニーとVer.O.Y.W(ゲーム版)
購入してしまいました(笑)
参考にさせていただきます m(__)m
・・・ストフリも購入せねば・・・
MG、パチるだけでも作り甲斐がありますネ~♪
暫らくはMGでいっきま~す! ∠(^o^)
Unknown (松林良岡)
2007-12-30 16:54:57
 両面テープだったら100金に結構強力なのがありましたよ、それを使い始めたら普通の両面テープの接着力がしょぼく感じる位の物で何かと重宝してます
こんばんは~。 (かめっチ)
2008-01-02 23:47:29
 δさん:光の翼が無い通常版でもかなりの場所を取ります(汗)。EBMはもっと場所を取るんでしょうねぇ~。まるで木彫りの鷹の置き物みたいです。

 有希さん:一時的で「ポロッ」は両面テープを交換すれば良いのですが、テープの種類によっては逆に「と、取れない…(汗)」という場合もあります。そっちはかなりヤバいです(汗)。

 ハル・エメリッヒさん:エメリッヒさんも「ナイフの刃を自分に向ける派」ですか! 案外、刃を自分に向ける人は多いのかもしれませんねぇ。
 クセはホンマに抜けませんねぇ(汗)。頭では分かっていても、身体が勝手に…。

 ふなおさん:HGキットや無印1/100キットの出来は「これは当分MGは出ないだろうなぁ」と思うほどの出来の良さでしたが、実際にMGが出てみると「やっぱりMGは違うわ!」と思います。オススメです。可動部に強度不足の部分がありますので、買ったら気を付けて下さいね!

 一希さん:干渉回避パーツを作る時は、腰アーマー裏の取り付けピンが腰フレームと太もも付け根関節との間に入るぐらいの長さで試してみてくださいね。
 サイコフレームにクリアーオレンジかレッドパール…筆者はレッドパールに一票! 集光樹脂の効力は控えめになる恐れはありますが、不思議な雰囲気が出るのではないかと思います♪

 ジャアさん:説明書などの完成写真を見ると、ウイングぐらいしか違わないように見えますが、実際はぜんぜん違うことに驚きました。かなりアレンジが入っていてカッコ良いですよ!
 スミ入れは基本的に「コピックモデラー」のスミ入れ用を使用しています。大げさにならないのが良いのですが、写真にはあまり写らないのが難点です(←アカンやん!)。最近は薄めのスミ入れが好きなんですよ。

 雑魚ザコさん:>両面テープより、ティッシュのほうが持続性ある←どう使うのか激しく気になります! 詳細を教えてください(燃)。

 Shiroさん:ようこそ、MGの天国&地獄へ! MGは塗り分けや合わせ目消しの手間がかなり省けますので、キレイに仕上げるのは楽ですねぇ。ギミックも「これでもか!」とばかりに詰め込まれていますし。でも、パーツ数が…(汗)。そして、なんといっても時間と金額が…(汗)。とにかく、MGキットの製作、楽しんでくださいね♪

 松林良岡さん:>普通の両面テープの接着力がしょぼく感じる位の物←それは良さそうですねぇ♪ 仮止め以外にもパーツを加工する時の保持などにも使えそうですね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

現在製作中」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事