ガンプラ秘密工場(仮)

ガンプラ他、プラモデルを限られた環境下(ノンシンナー)で楽しもうというブログ
 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

MG Ver.Ka クロスボーンガンダムX1(その10)

2006年10月22日 | F91・クロスボーン・Vガンダム
 最近、自分の親ぐらいの年代の人から「ゴンちゃんのおっちゃん」と呼ばれることが多くてヘコんでるオッサン、かめっチです。

 さて、このところ用事が多くて(町内会とか…)製作が滞っていましたが、ようやくクロスボーンガンダム、大地に立ちました。

 

 ガンプラの製作過程で一番難儀なのが、腕や脚を左右の2セットずつ組み立てなければならないことだと思います。まあ、それを言っちゃあ旧ドイツ軍の重戦車の転輪はもっとしんどいですけどねぇ…。
 片方の腕とか脚を組んで写真を撮って記事に書いてしまうと、案外満足感があって、もう片方はついつい後回しになってしまうんです。というか、歳のせいかもう片方も一気に組んでしまうという気力が続かなくなっているといった方が…(茶色い汗)。
 そうは言ってられないので、今日は左の手首と脚を組み、腰のサイドアーマーも組み立ててモビルスーツ本体の完成までこぎつけました。



 腰サイドアーマーは黒い部分が色分けしてあるのがありがたいですねぇ。MGクラスでも1パーツで済まされかねない部分ですよ! 設計者のこだわりを感じますね。でも、黒というか濃紺のパーツは外れやすくなっていますので、接着した方が良いかも。まあ、ボールジョイントのパーツを取り付けると外れにくくなりますが。
 このサイドアーマー、形がV2ガンダムのモノと似ています。この「クロスボーンガンダム」の20年後のザンスカール戦争の時に、サナリィの技術者がリガ・ミリティアに参加した(20年後ですから、年齢的にも無理がありませんね)ということに説得力を持たせるデザインですねぇ。

 とりあえず後ろ姿。大きい画像は全てパーツがそろってからということで…。



 武器を組み立てなければならないのですが、その前に…



 マントのスソの加工をしました。あんまりリアルにはせず、マンガっぽくギザギザにしました。ハサミでチョキチョキ切りますが、破れ目の配置が難しいですねぇ。

 マントを着せてみました。


 首元にマントをなじませるリード線を取り付けるためのキット付属の両面テープは粘着力が弱いので、市販のモノ(ニチバンの「ナイスタック」を使用)をキット付属のものと同じ大きさに切って使いました。

 マントの取り付けですが、胸のマント固定用フックの取り扱いが非常に恐いです。細いパーツでマントを刺すような感じになりますので…。
 あと、マントを着せた状態で腕を動かすと、肩アーマーに固定されたマントが動いて、これまたマントを固定しているコクピットハッチがつられて開いてしまいます。ポーズをつける時には肩アーマーを回さないで取れるポーズを考えましょう(汗)。
 実はこの写真のポーズは、マントを左手でマントを手繰り寄せているフリをしてコクピットハッチを押さえています(笑)。
 あと、クロスボーンの紋章にガンダムデカールを使用している場合にはデカールに傷が付く可能性がありますので、マント装着時の取り扱いには注意が必要です。
 ひょっとしたら、マントの装着はこれが最後かも…(汗)。



 キット付属のマント布は表裏で色ツヤが違い、目が細かくて良い感じなのですが、ちょっと硬い気もします。昔ながらのティッシュペーパーにアクリル塗料を含ませる方式で再現した方が、首元のシワなんかがキレイに決まるかもしれません。
 今度実験してみようかなぁ…。

 今回は、えらくオヤジ臭漂う記事になってしまいましたなぁ…。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« キユーピーさんのCMから | トップ | MG Ver.Ka クロス... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リード線の事かーー! (エプロンの人)
2006-10-22 19:40:11
最近カードゲームをしている子供達から、おっちゃんおっちゃんと言われているエプロンです。

「おっちゃん」よりも「おっちゃんに負けた事ない」と言われる方がヘコミ大です・・(つд;)

 

そうか、マントにリード線仕込むのね。

なるほど~、流石はかめさん。

色々とホームセンターとか見てるやけどねえ、良い感じのがないんよねえ。

難しいねぇ。

デフォです(汗) (かめっチ)
2006-10-22 20:44:19
 いえいえ、マントにリード線を仕込むのはキットのデフォルトでそうなってるんですわ(汗)。そのリード線を海苔巻きみたいに両面テープごとマントで巻いて首元のうなじ辺りにマントをフィットさせるようになっております。

 ただ、キットに付属の両面テープはマスキングテープに毛が生えた程度の粘着力なので…。

 リード線はスクリューウェッブ用のモノを3cmほど切って使うようになってます。

 でも、マント自体が固いので、首の前の方は浮いてくるんですわ~。



 リード線って、バラ売りしてくれんかなぁ、バンダイさん。市販のものだと、被覆のビニールがプラを侵す材質の塩ビの可能性もあるので心配で…。



 最近は「ゴンちゃんのおっちゃん」以外にも「ご主人」とか「お父さん」とか言われてヘコみまくりです。まあ、そういう年齢やけど…。



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

F91・クロスボーン・Vガンダム」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事