ガンプラ秘密工場(仮)

ガンプラ他、プラモデルを限られた環境下(ノンシンナー)で楽しもうというブログ
 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2006プララジショーより (R3 エルガイムマークⅡ編)

2006年10月19日 | 臨時ニュース・その他
 大方の予想通り、リアルロボットレボリューション(R3)の次期アイテムはエルガイムマークⅡであることが2006プラモデル・ラジコンショーにて発表されました。(画像提供ホビーショップ ミドリ様 …エプロンさん、情報ありがとうございます。)

 他にもネタはありますが、今回はマークⅡに絞ってお送りします。
 
 うおっ! 良い顔!! しかも額のオレンジ色の部分はクリアーパーツになるようです。裏側からファティマらしき人影を描き込めるようになっているとうれしいなぁ…。
 四角い印象のあった旧フルアクションモデルと違い、耳の部分は末広がりになり、額からアゴにかけては逆正三角形にすぼまっています。非常にメリハリのある形状です。頭頂部もいい感じの長さです。目つきはややおとなしい感じですが、目玉が見えるようになると印象は変わると思います。

 試しに目を描き込んでみました。左目が変ですが…(汗)



 首のラバーパーツ(?)は顔の向きについて来ていないようです。プラ製かもしれません。もっとも、旧キットではポリパーツを無理矢理曲げて装着するという苦しいものでしたので、これはこれで正解かも。

 全身像。


 メチャクチャカッコエエやないですか!! 旧キットでは内部フレーム再現のためにただの筒っぽかったスネもいい感じに末広がりです。足首周辺もギュッと締まっていますねぇ、フロッサーの部分とか。
 スネの正面に分割ラインが見当たらないのは、スライド金型で一体成型なのでしょうか?

 胸の両サイドのブロックは設定どおり可動するように見えます。ここは確かボールジョイントなんですねぇ。肩の取り付け位置も高めで頼もしい感じです。

 ランドブースターはちょっと小さい感じですね。プローラーに変形する時に機首がスライドするのですが、今回はちゃんと頭が機首に違和感なく埋まり込むんでしょうかねぇ?

 このポーズでは腰周りがあまり見えないのでなんともいえませんが、旧キットのように股間が横に広がった感じではなさそうです。

 指は可動指のようですが、バスターランチャーが保持できるのか、今から心配…(汗)。指のラバーコートの再現にも不安があるし、できれば固定指も付属していたらと思います。固定指手首目当てで旧キット再販品が売れるかも…(笑)。少しバスターランチャーは砲身が短いような気がしますね。バインダーはもう一枚欲しいです。あとパワーランチャーも…(けっこう使ってましたよね)。

 前腕はヒジのオレンジ色の三角オムスビ状のパーツの部分でも可動するのでしょうか? あと、バインダーの向きを変えやすいように、ヒジの部分でも腕が回転するようになっているとありがたいですねぇ。

 ラピッドプロトなので、面の雰囲気はあまり分かりませんが、当時の永野氏のヘロッとしたラインが再現されると良いですねぇ。

 レイズナーはアレンジバリバリでしたが、このエルガイムマークⅡはほとんどアレンジなしになりそうです。レイズナーと違ってちゃんとスタンド(ベースマシン・ワークスの荷台をモチーフにしたもの)が付属するようです。
 発売まで待ち遠しい!! 価格は6000円ぐらいかなぁ? いや、8000円かも(汗)

 アレンジバリバリといえばウォーカーギャリアの試作品…(明日のギャリア編に続く!)

コメント   この記事についてブログを書く
« MG Ver.Ka クロス... | トップ | 2006プララジショーより... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

臨時ニュース・その他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事