更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

文は人なり

2018年12月30日 | 日記

  戊戌・平成30年もあと一日を残すのみとなりました。ことしの後半6ケ月は惨憺たるものでした。根拠なき誹謗中傷を撒き散らし、当人は尤もらしい弁明をして、所属していた団体を退会していました。私のロシア旅行中のタイミングでした。

 この騒動ですべてが滞ったままに今年が終わろうとしています。肩書で判断してはいけないと言うことを、今更ながら肝に銘じました。

 押し迫って、三人の友とビルの10階から、東京駅を観ました。豆粒に見える人の動き。大層な半年とみるか?下らない事象と捉えるか・・・?経験とみるか?

 さだまさしの「いのちの理由」と銘打った詩に出会いました。清々しく心温まる響きがあります。数ケ月来、握りしめている悪意に満ちた自己顕示欲の強いの文章とは、雲泥の差があります。文は人を表します。

新しい年は「いのちの理由」のような 人・言葉・文章との出会いが、多くありますように。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 高齢者会→幸齢社会 | トップ | ちょっと早いけど、桜、待た... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事