更なる ときめきを求めて!

「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

思い出を連れて、嬉しい贈り物❣

2021年05月10日 | 日記
  コロナワクチンの接種を受けて、疲れて帰宅すると大きなダンボ-ルが届いていました。
 昭和42年から5年間住んだ蒲生時代の友達から。

「何だろう・・?」
最初に顔を見せてくれたのは 🥒胡瓜、カボチャ、ピーマン、サツマイモ、玉ネギ、さやいんげん・・・



 次は草加せんべい クッキ-。

 55年以上も前になる 私が未だ学生の頃、故郷の食材を東京に送ってくれた、今は亡き母の想い出と重なり、胸が熱くなる。 箱の余白にこまごまと、いろいろなものを、詰めて送ってくれた 遠い記憶が想い出される。

 こんなこともありました。
実家で採れた桃を送ってくれたのですが、手元に届いたのは種が7つだけ。当時は郵送の時間がかかって、桃は腐って、残った種だけが 木の箱に鎮座していたとことがありました。




 最後に 箱の底に包装されて収まっていたのは、フロリダ在住の娘さん”タカちゃん”作の陶器の器。10年のキャリアがあるそうです。
 プロの腕前です。

 トキメキながら、一緒に箱から品物を取りす森家もワクワク。何が出てくるやら? (*_*)吃驚り 玉手箱😍

ワクチン接種の疲れは、吹っ飛びました。





 ダイニングル-ムを引き立ててくれる三品です。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« イタリアを歌う | トップ | 悲惨!インパ-ル作戦 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たかちゃん)
2021-05-16 04:54:24
嬉しくて、嬉しくて、飛びたい気分です!
ありがとうございます。💕
ありがとう! (モリヤ ヨシエ)
2021-05-16 10:07:24
 いい趣味に感心しています。ありがとうございます。先回は神谷町に、今回頂いたのは目黒に飾っています。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事