更なる ときめきを求めて!

「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

出歩いています。

2021年11月22日 | 日記
  
 ご案内を頂き、銀座の真珠展示会へ友人二人と顔を出す。経営者は現ロータリアン。技術力が高く信頼もできるので、友人たちを かなりの数紹介して、双方から喜ばれている。コロナを気遣って、3~4名の完全予約制。




  
 
 いつもながらの洗練されたおもてなしに 友人たちも ついお財布の紐も緩んでしまうようだ。
 昼食抜きで、銀座から青山一丁目の百歳会会場へ向かう。

 今日のメインゲストは定年退職されたばかりの検事。堅苦しい場ではないので本音で、あれこれお伺いできる。私は4年越しの訴訟中の事案について、縷々お尋ねする。12月に最終結論が出る。さて、どうなる事やら・・・?!

 
 検事のスピ-チに次いで、総裁から突然の指名される。訴訟の実態を今少し具体的にお話しして、前日のソプラノリサイタルに刺激されたのか、アカペラでプッチ-ニの”トスカ”を歌った。イタリア語、最後まで歌い切れてホッとする。盛大なる拍手を受けて、気持ちが高揚する。

 偶然 西ロ-タリ-クラブのメンバ-が在らっしゃて、その場から、早々に私が在籍していたクラブのメンバ-に電話され 事情を理解された様子。名刺交換する。改めて、世間は狭い事が実感される。

 友人たちも百才会を気に入ったようで、今後参加の意向あり。


コメント   この記事についてブログを書く
« 佳き一日 | トップ | 小春日和の23日 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事