更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

穏やかに暮らせることを願って!

2018年06月16日 | 日記

 片付けた長袖を又引っ張り出して、GINZA SIX、観世能楽堂へ出向きました。昨日の昼間の気温16度C。真夏になったり急に冷え込んだり、昨今の気象は一体どうなっているのかしら?私が心配しても始まらないけど、気象のみならず全ての事象の不安定さは、地球の未来、孫子の将来に漠然と不安を思わせられます。凄まじいスピ-ドであらゆることが突きつけられてしまう・・・・。そんな中、能楽堂の凛とした静謐な時間の流れは、落ち着きます。

 

 友人に縁のある方の舞台の舞囃子は、「半蔀(はじとみ)」。大鼓、小鼓、笛、地謡に合わせて、優美に舞い謡われました。東儀秀樹氏の雅楽を聴いても感じることですが、何となく心癒されます。日本人のDNAのなせるワザでしょう。「半蔀」は、源氏物語に登場する”夕顔の巻”を題材にしたものだそうです。

 ちなみに、上半分を外側に吊り上げるようにし、下半分をはめ込みとした板両面に格子を組んだ戸が「半蔀」です。今でも、地方に行くと目にすることができます。日本文化、大切に守っていきたいですね。

 ところで、我が孫は舞踊、バレ-に大分はまってきました。先日はエビ反りができるようになって、得意気に何度も披露してくれました。可能性があるっていいですネ。私にも可能性は残されているのかしら・・・

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今が人生の収穫期です。 | トップ | やっぱり 学びより遊び! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事