更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

清き正しき新年でした

2019年01月11日 | 日記

  ”一月は一月で酒が飲めるぞ・・・・“ こんなつもりでした。ところが、ところが・・・暮れから新年、松の内を過ぎても風邪が抜けない。医院が年末年始クロ―ズしていたこともあります。

 成人してこんなに長くアルコ-ルを断った事、記憶にありません。しかも新年早々から! 辛抱し切れなくて、昨夜、ついにウイスキーの350mlのウイスキー水割りを呑みました。 何となく味が違う!😋美味しかったのですが。

 久しぶりのアルコ-ルの所為でしょう、今朝は寝汗をかいて、朝から体調が優れない。体力の落ちたことを、思い知らされる。年を取ると、こうなるんだって事を実感。寂しいこと。たかが風邪で,治るのに1週間→10日→2週間。 ッカスの神と親友 なんて言えなくなります。

 大伴旅人の”酒を讃むる歌13首”が、半世紀以上私のバイブルです。中でも好きなのがこの四首ですが、この歌からも置いてけぼりにされたような 心なし邪見にされているようにも思われます。

      験(しるし)なき物を思はば 一杯(ひとつき)の濁れる酒を呑むべくあるらし

      あな醜 賢しらをすと 酒飲まぬ人をよく見れば 猿にかも似む

      黙然居(もだお)りて 賢しらするは 酒飲みて酔泣(えいな)きするに なほ及ばずけり

      今代(このよ)にし楽しくあれば 来世(こむよ)には 虫にも鳥にも吾は成りなむ

      

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 鬼の霍乱 | トップ | 厳しい80代 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事