更なる ときめきを求めて!

「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

百万本のバラの花は、健在でした

2022年06月19日 | 日記
  昨日・18日のオーチャ-ド・加藤登喜子のコンサ-トは、コロナ以前に戻っような会場風景。大変な賑わいでした。友人に 前から6番目の中央の席をプレゼントされ、舞台をたっぷり楽しみました。






 10年以上前、彼女の歌と語りを 白金ロ-タリ-クラブで聴きました。音質が親しみやすく、語りや歌声が耳に心地よく 印象に残っています。

 しかし、10年の時の流れの足跡を、舞台姿形からは、しっかりと見て取れました。彼女も傘寿?
 1943年生まれで出生地は、ハルピンと言うことが 彼女のトークから分かりました。







 馴染の歌が多い中、フナ-レは、彼女の大ヒット曲 ”百万本のバラの花”🌹 で締めくくられ、会場の手拍子もあって派手に盛り上がりました。





 会場出口でバッタリ 別々の、知人二人に会いました。それだけ大勢が見えているということです。一人は新橋の女性、一人は舞浜の男性です。
日常が戻るのも近いような・・・。








コメント    この記事についてブログを書く
« 昭和時代に浸って! | トップ | 連日 充実❣ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事