更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

#私の本性・・・

2019年09月15日 | 日記

  最近自分の業が見えてくることが、あります。目をそむけたくなるような他人や嫌いな一面は実はわたくし自身であることが分かってきました。

 だいぶ治まってはきましたが、長女とはショッチュウ衝突してきました。彼女に言わせると「他所では争いにならない。私はお父さんに似て、退く方だから・・・」。次女はその場では決して自己主張しないので、喧嘩にならない。5歳の孫、自我が出てきて、私と言い争いをになることが多くなりました。

 私から見ると我儘典型に思える森家は孫には実に寛大。怒りや争いの火種をもっているのは、どうやら私らしい。

 

 ”後退り(ズサリ)だけが田植えの進む道” 

 ”誰に見せるの心もなく下へ下へと谷の淵”  (藤の花)

 ”散るときが 浮かぶときなり 蓮の花”

 

 誰の詩か知りませんが、この情況と反対に、他人と競い合って自己主張して生きてきたのが、今までの私の人生であったように思えます。そんな在り方に疑問を持っても、簡単に改まるわけでもありません。

 そうこうしているうちに、今年も半年が過ぎました。叶匠寿庵のおせち料理を、早くも注文したせっかちな私です。生き方を変えるのは至難の業。私の持ち時間は限られています。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 又もや 時代に取り残されて... | トップ | 若さいっぱい!歌一杯! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事