更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

私の青春の一頁  日生劇場

2018年06月28日 | コンサート

 日比谷ミッドタウン、初めて足を踏み入れました。私には未来都市。何とモダンな・・・・。圧倒されて落ち着きません。

 そんな中、久しぶりの、日比谷、日生劇場で、藤原歌劇団主催「Don Giovanni」ゲネプロを見学してきました。

 日生劇場は、村野藤吾設計で、当時は、最先端のお洒落な空間。私20代の頃で、1960年代にできたと言う記憶があります。エントランスを入って広い内部をエレベタ-で劇場まで上がって行く近代的なインテりアに感激するも、その感動を受け止めるだけの 若さ が私にもありました。

 劇団四季で活躍中だった浜畑賢吉の妹さんと同じキャンパスという事で、日生劇場にしょっちゅう足を運んだものです。 エレベ-タ-を昇りながら、その折、目にした浅利慶太や草笛光子の眩い姿が懐かしく脳裏を過ぎりました。

 折江総監督の解説を聴いて、早速劇場内。主役のニコラ・ウリヴィエ-りはイタリア人。歌声もさる事ながら、姿形の美しさに魅せられました。舞台装置はひとつだけで変わりませんでしたが、照明の変化で、多彩な状況が巧みに演出されていました。解説が功を奏してオペラ”ドン・ジョヴァンニ”を存分に楽しむことが出来ました。オペラは流石、藤原歌劇団。堪能しました。

  

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 気持ちを切り替えて! | トップ | ブスな河内晩柑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コンサート」カテゴリの最新記事