更なる ときめきを求めて!

「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

連日 充実❣

2022年06月20日 | 日記
”前橋汀子 演奏活動60周年記念公演”は、サントリ-ホ-ル。
ト-ク 一切なし。ヴアイオリン演奏のみの濃密な2時間でした。
 前半の一曲、フランクのヴアイオリン・ソナタ イ長調は、偶然 NHK クラッシク倶楽部で聴いたばかり。生演奏の響きに 酔い痴れました。

     
 


 前日のオ-チャ-ドホ-ルと同じく満席。頂いた私たちの席は、15列の14と15と、理代子さんたちの並び。




 理代子さんと前橋氏は 特別のご縁がある様子。ロビ-に、理代子さんの作品が二つ飾られている。




 販売されているCDには 理代子さんさだまさしの対談が入っているそうです。私も一つ・・・休憩時間は購買者の行列。




 終って、余韻の残る会場。 聴衆の充足感、豊饒感で溢れているように思えました。静かな秘められた強いエネルギ-が漂っています。ヴァイオリンの調べと 伴奏のピアノの音だけに浸れた素敵ないっときでした。


 
 終演して、5時には目黒の我が家。理代子さんと村田氏は、 7月10日の演奏会を控えて 杉原先生のレッスン。



 その後先生と森家も交えて5人で 時間が経つのも忘れての 食事タイム。主役はお喋り。村田氏が車で、お酒が飲めません。私は 独りしっかりと、呑みましたよ。

コメント    この記事についてブログを書く
« 百万本のバラの花は、健在でした | トップ | 夫婦共に認知症 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事