更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

如何に生きますか?  お念仏に生かされて

2019年09月06日 | 日記

 帰ってきました。たった一週間のサンフランシスコは、”第16回世界仏教婦人会大会”。今日は、未だ時差ボケで、2:00amから起きています。

 

 暑い東京の夏支度で慌ただしく出発したサンフランシスコは、思いのほか寒い?寒流の所為だそうです。霧に煙るゴ-ルデン・ゲ-ト・ブリッジとサンフランシスコ市内。

 

 

 会場はマリオットマ-キスホテル。開会式→記念講演→ワ-クショップ。英語、日本語、二か国語で行われる10分科会。私は、日本語で行われた”九条武子女史”と、英語と日本語の”念仏の挑戦”に参加しました。日本、カナダ、北米地区、ハワイ、中南米からの1800名の参加者です。スペイン語やポルトガル語らしき響きもありました。

 

 夕食を兼ねての懇親会は10名一テ-ブルで、私の両サイドは日系2世の、偶然同年齢。プレゼント交換があるので、200円程度のお土産を用意するようにとの事でした。日系の方々の手作りの作品は、心温まるもので、その一つが下の手編みの草履です。「旅行鞄につけてください」

 今の日本では失われた律儀さと謙虚さは、日本が未だ貧しかった私の子供時代には、ふつうにあった雰囲気です。懐かしく心に響きます。「真珠湾攻撃から、たった2日で生活圏を追払われ事」、直接の体験者から語られると、その切実さ、残酷さが胸をえぐります。

 


  (日系二世方とご一緒) 

 

 3日目は閉会式。各教区代表者に依るプレゼンテ-ションは、夫々に考えさせられる体験談でした

(菩提寺の坊守と留学中の娘さん)

 

(基調講演の先生と)

 

4日目はサンフランシスコ近郊のバークレイにある、浄土真宗センタ-訪問。日系の方々の心の拠り所です。お勤めをして、施設見学。

 

ノーベル受賞者最多と言われる、カルホルニア大学 バ-クレイ校の門で記念撮影。夏休み中で静かでしたが、学生街は、魅力的でした。

 

 

 

 5日目は、唯一の観光。片道4時間かけてヨセミテ国立公園。圧倒的な迫力。”エルキャピタン”は、世界最大の花崗岩で世界中のロッククライマ-が挑むことを夢見ているそうです。丸いド-ムを切り落としたかのような”ハ-フド-ム” 息をのむ自然の造形美。渓谷を流れるいくつもの滝、ブライダルベ-ル、ヨセミテ滝etc.・・・

 

 

 「行きは良いよい 帰りは怖い」電話、郵便物、メ-ルの処理等々に追われて・・・・疲れが抜けにくくなっています。

コメント   この記事についてブログを書く
« 時間が逆行したような | トップ | 忘れていた誕生日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事