更なる ときめきを求めて!

「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

ラッキ-な一日

2021年06月21日 | 日記
 「ご飯食べようよ。」40年來の友達、芝大神宮の名誉宮司夫人・洋子さんからの誘い。月に1~2回のペースで、どちらからともなく声をかけあう。神社へ行くと、毎回のようにご馳走になっている。お土産を見込んで自動車で向かう。内心は大いに恐縮しています。たまに、私サイド、神谷町で食事することもあります。ささやかにお返し。

 境内は六月末の大祓神事の”茅の輪”が設えられていました。
 人は生活をしている間に、知らず知らずのうちに、心がくもり罪を犯し、穢れに触れて、神様の心から遠くなっている。祓に依って本来の心に帰り、心身共に清浄になって、病気や不幸が避けられて、善い事のみが来るとされる神事です。毎年6月末は夏越しの祓・茅の輪くぐり、12月末は年越しの祓の年2度の大祓があります。



 食事は、芝大門の老舗”椀久”。和食処です。吟味された食材が、オ-ナ-の辻師範の手で調理されたランチは、絶品です。
 オ-ナ-の作品が、日本料理専門誌”日本料理”6月号の表紙を飾っていました。



 



 
 二人して、「残りの人生、せめて美味しいものを食べよう」呑気な喋りを楽しんで、目論見通り、😋お酒を頂き、車に積んで帰りました。
シアワセな日!




コメント