更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

眠れぬ一夜

2019年10月13日 | 日記

 "人は地球にとって癌細胞のようなもの。” 7年前に鬼籍に入ったN氏とよく論争をして楽しんでいました。当時は未だ地球に余力があったように記憶していますが・・・??

 彼のいなくなったこの7年で、癌転移して地球はひどい事になっています。

 土曜日早く、自宅の台風対策をして神谷町事務所へ駆け込む。次女が先回の15号台風で一部天井が落ちた管理物件の一部屋へ泊まり込むとの情報を、長女から聞きつけ阻止しようと、昼迄でストップする電車に飛び乗る。早々と店を閉めているスーパ-や食糧店が一層不安をかき立てる。いったん言い出したら梃でも動かない次女の気質は十分知っているものの、ここは何としても説得して。

 賃借人への注意事項、電気、設備、土嚢を用意し出来ることは、全て対応している。

「人事を尽くして天命を待つッテ云うじゃない。危ないから、泊まり込まないで!!」 必死に言うもきかない。

「十分気をつけるから。日曜日も電車が動かないだろうし、貼り紙を取ったり土嚢を撤去したりと、することが沢山あるから。」私と入れ違うようにして、食べ物やタオルケット等の大荷物を持って出かけてしまった。

 孫の世話をしながら、不安な一夜を過ごす。

 今朝の電話。無事な娘の声を聴いてホッとする。それにしても、日本列島、甚大な被害。㈱モリヤの玉川営業所も水浸しとか・・・ 

河川敷が水没 多摩川 

  電車の開通を待って、孫と神谷町へ向かう。次女、「お天気が良いから土嚢を乾かしてから帰る」と、2:30pm.の📞。やっと日常を取り戻せる。

 

 

コメント