更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

この日はオペラ鑑賞

2019年09月09日 | コンサート

  少し休みたいのに、サンフランシスコへ行く前から 申込を入れていました。

首都圏直撃の15号台風を気にしながら、向かうは初台のオペラハウス。会場入り口の見事な”アイ-ダ”の舞台装置に、しばし 見入る。

 ロッシ-ニの”ランスへの旅”。藤原歌劇団公演です。私は賛助会員なので、時折招待があるのです。未だサンフランシスコの時差ボケが解消せず、前半はウツラウツラ 休憩を挟んで後半は各パ-トの巧みな歌声を愉しむことが出来ました。

  

 

 客席は4階まで、ほぼ満席。スナップショットは開演前で、開演時は一階は満席になりました。私は、15列目のほぼ真ん中の席。日本には、オペラフアン結構いらっしゃるのですね。最近は私も、歌舞伎よりオペラを観ることが多くなりました。

 終わったのは5:00pm前、台風襲撃迄には未だ時間がある。友人と3階にあるイタリアレストラン ”マエストロ”で食事。台風が気になって、大好きなアルコ-ルは パス。帰り道 雨がぽつりポツリ・・・。何とかセ-フ。

 

 

 

コメント

忘れていた誕生日

2019年09月08日 | 日記

 すっかり失念していました。おそらく本人も。9月7日は森家の誕生日。娘から、「みんなでご飯を食べるから」。

 留守をして、やることが山ほどある。疲れた身体のメンテに、先ず十字式気功。人気の先生の治療に待ち時間は一時間以上。その間、車にガソリンを入れに行く。午後からは、光明寺での仏教勉強会等々。

 娘の予約先は恵比寿駅近く。長女は美味しいお店をよく知っている。何度も顔を出していると見えて、お店のサ-ビス満点。拘りの食材にお洒落なメニュ-は、美味しい。

 改めて、この年齢まで来られた事に、感無量。5歳の孫の行く末、いつまで見られるかしら・・・。出来れば後10年、中学卒業ぐらいまでは元気 で暮らせることを願う。無理かな・・・。

  

 今朝の安楽椅子で、呆けたように寝ている姿を見ていると・・・・。楽しかったけど、お誕生会、草臥れたのネ。

コメント

如何に生きますか?  お念仏に生かされて

2019年09月06日 | 日記

 帰ってきました。たった一週間のサンフランシスコは、”第16回世界仏教婦人会大会”。今日は、未だ時差ボケで、2:00amから起きています。

 

 暑い東京の夏支度で慌ただしく出発したサンフランシスコは、思いのほか寒い?寒流の所為だそうです。霧に煙るゴ-ルデン・ゲ-ト・ブリッジとサンフランシスコ市内。

 

 

 会場はマリオットマ-キスホテル。開会式→記念講演→ワ-クショップ。英語、日本語、二か国語で行われる10分科会。私は、日本語で行われた”九条武子女史”と、英語と日本語の”念仏の挑戦”に参加しました。日本、カナダ、北米地区、ハワイ、中南米からの1800名の参加者です。スペイン語やポルトガル語らしき響きもありました。

 

 夕食を兼ねての懇親会は10名一テ-ブルで、私の両サイドは日系2世の、偶然同年齢。プレゼント交換があるので、200円程度のお土産を用意するようにとの事でした。日系の方々の手作りの作品は、心温まるもので、その一つが下の手編みの草履です。「旅行鞄につけてください」

 今の日本では失われた律儀さと謙虚さは、日本が未だ貧しかった私の子供時代には、ふつうにあった雰囲気です。懐かしく心に響きます。「真珠湾攻撃から、たった2日で生活圏を追払われ事」、直接の体験者から語られると、その切実さ、残酷さが胸をえぐります。

 


  (日系二世方とご一緒) 

 

 3日目は閉会式。各教区代表者に依るプレゼンテ-ションは、夫々に考えさせられる体験談でした

(菩提寺の坊守と留学中の娘さん)

 

(基調講演の先生と)

 

4日目はサンフランシスコ近郊のバークレイにある、浄土真宗センタ-訪問。日系の方々の心の拠り所です。お勤めをして、施設見学。

 

ノーベル受賞者最多と言われる、カルホルニア大学 バ-クレイ校の門で記念撮影。夏休み中で静かでしたが、学生街は、魅力的でした。

 

 

 

 5日目は、唯一の観光。片道4時間かけてヨセミテ国立公園。圧倒的な迫力。”エルキャピタン”は、世界最大の花崗岩で世界中のロッククライマ-が挑むことを夢見ているそうです。丸いド-ムを切り落としたかのような”ハ-フド-ム” 息をのむ自然の造形美。渓谷を流れるいくつもの滝、ブライダルベ-ル、ヨセミテ滝etc.・・・

 

 

 「行きは良いよい 帰りは怖い」電話、郵便物、メ-ルの処理等々に追われて・・・・疲れが抜けにくくなっています。

コメント

時間が逆行したような

2019年08月29日 | 日記

 恵比寿のウエステインホテルは、東京神宮ロ-タリ-クラブのかっての例会場。9年前迄、神宮ロ-タリ-クラブに籍をおいていた私は、15年間、少なくても週一回は、足を運んでいた場所です。当時の調度品・備品に、往時のあれこれが思い出されました。時間の流れ、人の流れが実感され、懐かしさだけでは済まされない複雑な想いに囚われました。何事も常ならず。

 

 

 火曜日、今もウエステインホテルが例会場の東京恵比寿ロ-タリ-クラブに参加しました。仙台・塩竈からの卓話者、桑原茂氏は、”第15回ロ-タリ-日韓親善会議”の委員長。今回の日韓の軋轢騒動で参加辞退者が引きも切らず、会場を変えざるを得ない事態になったそうです。「こんな時だからこそ、実施すべき・・・」と、出席の呼びかけ。

 卓話は、”地方の再生”。地元の祭り、塩竈の銘酒"浦霞・陸奥男山”の紹介がありました。二つとも、金賞に輝いているそうです。日韓親善会議の出席者には、この銘酒の差し入れをするとの事。聞いたからには・・・。

 彼は、塩竈商工会議所会頭でもあります。彼に別件での用事もあり、私は、ウエステインホテルに出向いたと言う事です。

 

桑原氏と恵比寿RC会長 稲尾ドクタ-

 

  城南RCから賑々しく詰めかけました。

 

出歩ける内は、元気です。

コメント

佳き日の昨日!

2019年08月27日 | 日記

 理代子さん、村田夫妻と柏の用事を済ませて、向かうは我孫子在の理代子さんの親友”おばちゃん”宅。3月に膝を手術して、快方に向かっているとはいえ、筋力の衰えで未だ本調子とはいかないらしい。二人は久しぶりの逢瀬。

                      「ご飯食べよう!」即決。

 老舗の料亭”鈴木や”に予約の入れに行った理代子さんから、おばちゃん宅で待機している私たちに 。 「ウナギ 懐石」?おばちゃんもわたしも即座に  ウナギ!

 理代子さんは懐石。村田氏はウナギと懐石の両方。  ウーン 何たる美味!美味しく呑めて、食べられる至福のひととき!

  

 忙しく箸を動かしながら、盛り上がる話題は”断捨離”。捨てられる理代子さんと、捨てられない私。おばちゃんちは完璧に整頓されていた。

 


 村田氏のハンドル捌きでわが家へ。今夜のうちに「ヨーシ!捨てるぞ!」 取り合えず油絵具セットは、ゴミ袋へ放り込んだ! 

 御馳走にはなるし、ドライブは快適だったし、昨日は私にとって大安吉日。

 その勢いで今朝は、車庫に出してあった本、業者に三分の一を持って行ってもらった。わが家から一分のところにある古本屋。一金、五〇〇円なり。家の中には、まだまだ本の類(ゴミ)はびっしり・・・・。先は 長い。

 

 

 

 

コメント