押し花アート・ポケット ~内山実枝子のひだまり日記~

ドキドキ・ワクワク 魅力あふれる押し花の世界へようこそ

教室は夏休み

2011年07月31日 | 押し花生徒作品

今日は7月最後の日
私の5つの教室は、8月いっぱい夏休みです。

1ヶ月間、保管袋をほかっておかないで、たまには乾燥シートのチェックをしてくださいね。

9月の教室初日には、元気なお顔を見せてください。

転写シートのポットを使った作品。
どちらも、樹脂版の密封ですが、額に入れると雰囲気が変わります。

左の作品はZ教室N・Aさん。右はT教室M・Tさんの作品です。

  

 

↓クリックおねがいします にほんブログ村 花ブログ 押し花・レカンフラワーへ
コメント

イラスト風押し花絵

2011年07月30日 | 押し花生徒作品
イラスト風押し花絵≪花摘み≫をアレンジして作ってくださいました。

F教室O・Yさんの作品です。
トイレに入ると、お花の香りがしてきそうです。
お客様が、おもわず、何度も行きたくなってしまうかも(笑)


↓クリックおねがいします
にほんブログ村 花ブログ 押し花・レカンフラワーへ
コメント

あなたッ 出番ですよ!

2011年07月29日 | 家族
夫の趣味は、海釣りです。

天気がいい、風がない、波が穏やか・・の3拍子がそろうと,ソワソワ、ソワソワ。

インターネットで≪○○、バカ釣れ~≫なんて情報を得ようものなら、「明日、釣りに行かないと魚がいなくなる・・」とウソかホントか分からないことを言いながら、準備万端、イソイソ、早朝(夜中?)から家を出て行きます。

乗合船で、渥美半島沖にて。
釣果はイサキ・ソーダガツオ・ゴマサバ・チダイ・アジなどが、大きなものは40センチクラス。
あわせて、およそ30匹を、お土産に持って来てくれました。

イサキの刺身とカルパッチョ・鯛のから揚げ・かつおのたたき・かつおの角煮・鯵の南蛮漬け・しめ鯖・イサキの干物などなど。
ウ~ン!やっぱり新鮮な魚は美味しい!!

実は、私がブログを始めてから、ずっと自分の出番を心待ちにしていた、我が夫。

「どーして、タルト(愛犬)は2回も登場したのに、僕は出てこないの?」
「カテゴリー≪家族≫を開けたらタルトの顔だけだったぁ」と、以前から不満の様子。

(押し花のブログに魚ぁ~?)と迷いはしましたが、(きららさん・キララさんのように)釣りが趣味の方や、大漁~!の記事を載せていらっしゃる方もあり、決心して、夫ではなく夫が釣った魚を見出し画像にいたしました。


↓クリックおねがいします
にほんブログ村 花ブログ 押し花・レカンフラワーへ
コメント (2)

エメラルドグリーン

2011年07月28日 | 旅行
旅行の最終日は、長野県≪柿其(かきぞれ)渓谷≫へ

木曽川の隠れ里ともいわれる柿其渓谷。
つり橋より上流8kmにわたって、深い谷を埋めた巨大な花崗岩が、美しい滝や瀬や淵を織りなす景勝地です。

画像は落差30mの迫力≪牛が滝≫・・クリックしてご覧ください
 水の色は、光によって微妙に変化する、エメラルドグリーン。
 滝壺の美しさは、「押し花で描く風景画」におすすめです。

*フォトアルバムに、渓谷・清流の写真を追加しました。
 ・つり橋は、5人以上一度に渉ってはいけないと、注意書きがありましたが、一人でもかなり揺れました。
 ・同じく注意書きに≪つり橋は、揺れるものであって、揺らすものではありません≫と書かれてありました(納得)
 
 
↓クリックおねがいします
にほんブログ村 花ブログ 押し花・レカンフラワーへ
コメント (2)

色あざやかな百合の競演

2011年07月27日 | 旅行
25日、旅行の2日目は、信州八ヶ岳≪富士見高原ゆりの里≫へ。

リフトの乗って≪展望ゆり園≫
  爽やかな風の中、咲き誇る色とりどりの百合(花畑に埋もれて写真撮影もOK)

散策しながら眺める≪ロマンスゆり園≫
  百合を被写体に構える、プロとアマのカメラマンたち(私には、その区別が付きません)

白樺林に広がる≪白樺ゆり園≫
  白樺から射し込む木漏れ日が,ゆりの美しさを幻想的に魅せます

今まで、これほど沢山のゆり(1万本・500万輪)が一同に咲き誇る様を見たことがありません。
私にとって、押し花の対象としては、あまり魅力を感じない「ゆりの花」ですが、女王様のような存在感に圧倒されました。

*画像をクリックしてご覧ください
フォトチャンネルにも追加しました。

その後、八ヶ岳のアウトレットでショッピング。

 極小サイズの私は、なかなか気に入った服が選べません。
 あるお店で、私の関心を引く、スリムなパンツが目に留まりました。
 あてがって見ると、どうにかいけそう。

 店員さんに
 ≪あの~、試着してもよろしいですか?≫
 店員さんは、少し困った顔で
 ≪お子様用ですが、よろしいですか?≫
 
 普通の方なら、勘違いに赤面して、お店を後にしますよね。
 でも、私は試させていただきました。

 店員さん
 ≪お客様、いかがですか?≫
 わたし
 ≪無謀な挑戦でした。ありがとうございました≫と、早々にお店を退散しました。

 *こうして、歳と共に、恥ずかしさを超越していくのでしょうか・・・


↓クリックおねがいします
にほんブログ村 花ブログ 押し花・レカンフラワーへ
コメント