おしょうしな満腹日記~伊豆のお家ひまわり~

米沢スキー場ペンションおしょうしな跡地です。
2019年より大室高原オーシャンビューの一軒家ひまわりを営業中

城ケ崎海岸さんぽ

2021年09月28日 | 民泊・ひまわり
9月上旬、伊東を代表するビュースポット城ケ崎海岸を夫婦で歩きました。




いがいが根駐車場に車を置いて、海岸沿いの遊歩道「城ケ崎自然研究路」を歩きます。
約4000年前に大室山が噴火した時に流れ出した溶岩によってできた城ヶ崎海岸。
ちなみに“いがいが根”とは溶岩が流れる際に、先に冷え固まった表面の「皮」が砕かれてできた 凸凹のことです。
いがいがした海岸線の先端にはたくさんの釣り人。
ここは人気の釣りスポットでもあるようです。



遊歩道の途中でこんな大木に出会いました。
なんという木かな?


しばらく進むと、日蓮上人ゆかりの名刹「蓮着寺 」があります。 

俎板岩(まないたいわ)

鎌倉時代、日蓮上人が城ヶ崎海岸のある伊東の地へ流刑され、ここ俎板岩という岩礁に置き去りにされました。
日蓮上人は波にのまれるギリギリのところで、地元の漁師さんに助けられたと伝えられています。




蓮着寺 の境内で、日蓮上人の銅像にごあいさつ。



しばらく歩くと目的地の門脇灯台が見えてきました。
まだ暑さが残る9月上旬、高低差のある遊歩道歩きにヘロヘロになりながらもなんとか門脇灯台と吊り橋に到着💦




あいにくガスがかかって分かりにくいのですが、吊り橋の奥には伊豆大島。

何歳になっても吊り橋を渡るときはワクワクします、笑。

吊り橋の足元はこんな断崖。
高所恐怖症の方は下を見ないほうがいいですネ💦




相方も亀の甲羅みたいな岩にまたがってご満悦、笑。

ここからは同じ道を引き返します。




遊歩道のあちらこちらで岩肌にしがみつくように咲いているカンゾウ。


カンゾウのオレンジと海の青のコントラストが鮮やかです。





門脇吊り橋の近くにある観光施設「ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン」。
今回は時間の関係で施設のなかには入りませんでしたが、入場口の外にあるオープンカフェでひと休みしました。
伊豆特産の柑橘ニューサマーオレンジのフロート。
程よい酸味が美味しかった~!
ヘトヘト気味の体が甦りました(^^♪



約2キロほどの城ケ崎海岸さんぽ。
自然が創ったダイナミックな光景を存分に楽しみました。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大室高原 オーシャンビューの一軒家 ひまわり

〒413-0231
静岡県伊東市富戸1317番地280
TEL 090-2026-0447
E-mail  himawari-19@outlook.jp


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊東情報へ にほんブログ村 写真ブログへ
インスタグラムで伊豆の魅力をご紹介しています☆







コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 福禄寿の湯 | トップ | 常慶院~竹俣当綱の墓、キリ... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (aki)
2021-10-16 00:39:16
民主党政権の経済破綻危機を繰り返さぬ為

ブログ主様、こちらとは関係の無い内容大変恐縮ですが、この度は皆様に今一度目を通して頂きたい事があり、失礼ながら書込ませて頂きました。

国民として忘れてならない2009年、マスコミの全面応援で誕生した民主党政権でしたが、その3年間は公約をほぼ全て反古にし(公約に反し消費も増税)、

超円高誘導で国内産業が空洞化、株価は8千円代まで下がり、日本経済は当時破綻寸前まで追込まれた事は周知の通りです。

自民党政権に戻り、成果面が極小化されていますが雇用の改善、経済をはかる失業率は統計以来一番下げ、就業者数は歴代政権2番目に増やしており(コロナ以前)、

前政権で悪化した日米同盟を修復、安全保障を強化し、世界における日本の地位を向上した事実は各国の評価を見れば明白です。

メディアに流されず国民生活に直結する客観的事実を見なければ、再び2009年の悪夢を繰り返しかねない事(今回立民は共産と共闘)、

その為に自ら情報を拾い判断する大切さや、
国民1人1人の投票で政権をも決定する重さをどうか知って頂きたいと思い、こちらを貼らせて頂きます。
https://pachitou.com/2021/08/15/国民の敵マスゴミとの戦いの正念場/
長文、大変申し訳ありません。

コメントを投稿

民泊・ひまわり」カテゴリの最新記事