おしょうしな満腹日記~伊豆のお家ひまわり~

米沢スキー場ペンションおしょうしな跡地です。
2019年より大室高原オーシャンビューの一軒家ひまわりを営業中

上原美術館

2020年07月21日 | 伊豆半島
民泊ひまわり営業再開の準備で、6月末の数日間夫婦で現地に滞在しました。
毎日館内の掃除や敷地の草むしりに追われていましたが、空き時間にはちょこちょこと以前から気になっていた伊豆の観光スポットを訪ねることができました。



上原美術館

伊豆半島南部下田市、山間にある静かな美術館です。

収蔵品の中核をなすのは、大正製薬株式会社名誉会長の上原昭二氏寄贈の
近代絵画コレクションと、上原氏の両親、上原正吉・小枝夫妻の寄付による仏教美術です。



敷地には上原夫妻の銅像、それと“大正製薬の鷲のマーク”の像が並んでいます(^^)



写真左側の建物が近代美術の「近代館」、右側が仏教美術「仏教館」。
建物は別ですが、チケットは共通。
一枚チケットを買うと両方の建物を自由に出入りできます。


以下、パンフレットの写真を拝借します。
この期間は上原美術館の収蔵品を展示するコレクション展でした。

写真でお見せできないのが残念なのですが、この美術館は見学者と作品との距離がとても近いです。
名品の数々にこれほど接近できるなんて!と静かに興奮しながらの鑑賞でした(^^♪



近代館では梅原龍三郎を中心にした国内外の名品がずらり。







西洋銅版画、デューラーの作品2点は新収蔵品で初公開。
現物はとても精緻な作品、思わず魅入ってしまいます。


仏教館。こちらも平安・鎌倉期の仏像から、奈良時代の古写経、近現代の仏像まで、幅広いコレクションです。


左、阿弥陀如来像(鎌倉時代、13世紀)
右、十一面観音像(平安時代、10世紀 重要美術品)


新収蔵・二天像
東西南北を守護する四天王、そのなかから二尊を選び、二体一対の像としたもの。


コロナ禍、平日、ということで見学者も少なくいなか、とても近い距離で名品の数々をたっぷり鑑賞。
なんとも贅沢な時間を過ごすことができました。

これからは薬やサプリメントを買うときは、あえて大正薬品さんの製品を選ばなければいけません(^^♪

上原美術館に隣接したお寺にも素朴な石仏が散在しています。






美術館の余韻に浸りながら、石仏たちを眺めて散策するのも楽しいひとときでした。


公益財団法人 上原美術館
静岡県下田市字土金341
入館料 大人1000円/学生500円




以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大室高原 オーシャンビューの一軒家 ひまわり

〒413-0231
静岡県伊東市富戸1317番地280
TEL 090-2026-0447
E-mail  himawari-19@outlook.jp


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊東情報へ にほんブログ村 写真ブログへ















コメント   この記事についてブログを書く
« 米沢の歴史ご案内~5キリシ... | トップ | 米沢城址のお堀では蓮が見ご... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

伊豆半島」カテゴリの最新記事