冬は雨降り・・夏は素晴らしき・・住めば都

チャー助です。
カナダ・バンクーバーに移住して18年ほど。生活・子育て・日本について思うこと等を綴ります。

子どもの友達が家に来ると・・

2009年03月29日 | その他・過去ログ
前回の続き、という感じです。

子どもの友達が家に来る・・困る点が2つある。それはうちの犬に関すること。
まず、犬が怖くないかどうか、犬にアレルギーがないか、ということ。
うちの犬は、ポメラニアン、体重4キロ程度のチビすけだ。小さい子どもからみても、「へっ、チビだ」と感じる程度だろう。

しかし、小さくてもやっぱり犬が怖い・・という子どもは結構いる。小さい犬だけに動きが敏捷で、チョロチョロしているのが余計怖いと感じるかもしれない。
しかも、うちの犬は訪問者が来ると吠える!その吠えかたもかなりデカイ声(ガタイが小さい割に・・)。
犬は、ちょっと怖いな・・と思っている子がうちに入った途端、吠えまくられては、そりゃ、嫌でしょ・・

今まで3人の子を呼んだが(別々の時に)、1人だけ全然平気でむしろ触りたがり、犬に逃げられていた。
うちの犬は臆病で、小さい子どもが好きではないのだ。
あと2人は怖がっていた。1人はそれでも、犬を私が抱っこしている限り安心していたが、もう1人はそれでは駄目。

ちょっとなんかの拍子に隔離しておいた犬が抜け出すと、硬直して動けなくなり、「早くその犬をどっかにやって!!」と怒っていた。

それとあまりないのだが、犬アレルギーがある子も。これは顔とかかゆくなったり腫れたり、ひどいと呼吸困難になるかもしれないので、絶対隔離・・
ただ、犬は通常家の中を自由にうろついているので、そこここに犬が触った、なめたというものがあるかもしれない。
敏感な人だと、そういう間接的なものでもアレルギー反応をしめすこともあるので、基本的に犬アレルギーの人はうちに呼ばないのが懸命。

うちの子ども達は犬との生活に慣れているので、犬が怖いというのもなんとなく分かるような分からないような感じだ。
犬のほうは決して子ども達を好きではないが(笑)めげずにかまっている我が子達。

でも、慣れていない人にとってはやっぱり犬はサイズの大小にかかわらず、コワイと感じても不思議ではないだろう。
コメント

子どもの友達を家に呼ぶ

2009年03月27日 | その他・過去ログ
娘は3年生、息子はキンダー、と2人とも学校に通うようになったわけだが、友達と放課後に遊びたい・・という要望が出てくるようになってきた。

私が小学生だった時は、放課後ダレダレちゃんのうちに行くといって、自分だけでそこまで行って遊んで、また一人で帰ってきたもんだった。
大して遠くに行く訳でもなく、近所に行くだけだったし、親もそのダレダレちゃんのことを知っているし・・という感じで問題はなかった。

しかし、こちらでは学校の送り迎えも親がするように決まっており、当然子どもが友達の家に遊びに行くのにも、親が送り迎えする。
12歳くらいまでの子どもが一人で、うろうろしていると、「親はどこだ?」ってことになって、結構大騒ぎになる。

もっとも、家のごく近所をうろつきまわる位なら10歳くらいから友達と一緒ならまぁ大丈夫という感じにはなっている。
同様に学校の行き帰りも、家がすごく近い子は9歳くらでも一人で帰らせることもある。
ただ、うちのばあい、わりと車の通行も多い道をわたったり、子どもの足なら20分はかかる距離なのでやはり迎えに行きたいところ。
(もっとも、私が小学校の時は家が遠くて1年生の時から一人でバス通学していたけど)

さて、子どもがダレダレと遊びたいといいだしたら、まずは親に「プレイデイトしたいのだけど」とお伺いを立てる。友達と遊ぶ約束のことをこういうらしい。
大抵言い出したほうが、自分のうちに来てもらうというような事を言う。
向うの親も、いいよ、となると日時を決定し、場所とか電話番号を交換するわけだ。
呼んでもらったら、今度はこっちも呼んであげるというような流れに、大体はなる。

そしてプレイデイトの日は、親がその友達の家まで連れて行き迎えには4時ごろ来るけどいい?とか確認していく。
まぁ、就学前や小学校の子どもだとこんな流れでお遊びに連れて行く訳だ。

ただし、家がすごく近いとかだと子どもだけで遊びに行くこともある。それでも事前にそちらの親にも伝えてOKだったら、ではある。

今、息子はキンダーで午前中だけの授業だ。で、一番便利なのは、プレイデイトでうちに来てもらう方が、12時に迎えに行き、自分の子どもと友達を連れて家に帰り、お昼を食べさせ、遊ばせる。迎えは双方の都合いい時に設定する。というもの。

更に、その家にお兄ちゃん、お姉ちゃんがいると、お母さんは3時に迎えにまた学校へ行くので、その時に友達をそのお母さんに引き渡してあげるということができると、双方スムーズで楽なのだ。

息子のクラスは、こうした「上に兄弟がいる子」が集まっているため、こういうアレンジがよく出来るのが助かっている。
もちろん、呼んでもらった次は自分のうちに来てもらうというのは、大切なポイント。
コメント

花粉症

2009年03月23日 | その他・過去ログ
上の子を出産後、10ヶ月ほどした頃に日本に帰国した。ちょうど3月半ばか終わりごろで、いきなり花粉症の症状が出た。
今まで、かるーいほこりアレルギー気味ではあったが、花粉は大丈夫だったのに。

それかれというもの、もちろんすっかり花粉症からは離れられない。
翌年も春に返ったが、4月にはいってからだったせいか、それほどひどくなく過ごせた。
どうも3月が良くないらしい・・・・

その頃までは日本では花粉症になっても、カナダでは大丈夫という感じだったのに、3年くらい前についにカナダの花粉にも反応するようになってしまった。しくしく
やっぱり3月がピークらしく、まさにいま!なのです。

産後に花粉症になったことで、ある人がそれは産後に栄養がきちんと取れていないからだ、と教えてくれた。
ビタミン剤などで補うといいよ、といってくれたので、服用しているんだけど、やっぱり駄目だなぁ・・
その時、「ただし、安物は駄目」とか言ってたなぁ、やっぱり安いの飲んでいるから効果ないのかな。

3月も20日頃まではちょっと目が痒い・・という程度でひどくなかったため、「今年は軽くて済むかも?」と淡い期待をしていたんだけど、甘かった!
ここ数日、天気が良く適温も上がったせいか、私のアレルギー症状もドバっと出た感じ。

私の場合、目がとにかく痒い!そして鼻がむずむずする、鼻詰まりするのに鼻水もでる、くしゃみ連発っていうのが症状。
おかげでいつも以上にぼんやりしちゃうし、やる気が起きない。
だから家事もサボり気味で・・・(ってのは言い訳じゃ!)
コメント

パニックしてますねー、

2009年03月18日 | その他・過去ログ
子どもが生まれて、大きくなるにつれ、学校への送り迎え、習い事の送り迎え、友達の家に行くのだって、送り迎え・・・
学校の宿題をさせたり、学校とかできちんと集団生活しているか、などなど気を配ったり、学校のPTAの手伝いをしたり・・・・

やることがたくさんたくさんある。
一応、腐っても主婦なので家事もしなくてはならない。パートの仕事もある。
実家、義母などへの季節や誕生日のカードやら贈り物やら・・・

結婚してから、それも子どもが生まれてからの私の人生は、たくさんのやらなくてはならないことを、いかに無駄なく忘れることなく、そこそこにソツなくこなしていくか・・ってのに費やされている。

まぁ、大抵は習慣化してきていて特に問題無くやっていける。
女は基本的にいくつかの事柄を並行してこなすのに長けているほうだ。男はそういうのが苦手らしいが。
私も女の端くれだし、元々がながら主義なので、まぁ、こういうこともなんとか出来る訳だ。

それでも、多すぎたり、体調が悪かったりすると、こなせなくなってきて、「あああああーー。あれもこれもあるのに、進まない~」とパニックしている時がある。
神経衰弱一歩手前っていう気分になったりしてね。

それにしてもこういうパニック状態は、端から見ていると「あらあら大変」くらいなモンにしか見えない。
だんなは、整理整頓が苦手でモノが見つからないと、パニックになっている。
その様は、「お気の毒、だけど・・」こっちが逆に益々冷静になって観察してしまう。
だから私がパニくっている時も、端から見ればこういう感じなんだろう。

私は、基本的に「思い通りに進まない」「計画通りに進まない」っていうのがストレスになるタイプ。しかし、他人と暮していく限り(実の家族と暮していたって・・)思い通りに行くことばかりとは限らない。
結婚して13年超・・・少しずつこのテのストレスには多少対応できるようになってきた・・・かな。
とかいって、今でもイライラっ!キーって気分になるのはよくありますがね・・・・
コメント

仕事はまたいつも通りに

2009年03月14日 | その他・過去ログ
私のパート勤務先では、最近の売り上げが芳しくなくて、経費削減に励み、従業員の勤務時間をカットしてきた。

私もしばらく時間数カットされていたが、最近またもとの通りになっている。もっとも私の場合、週2日計12時間しか働いていなくて、そのうちの4時間か8時間くらいが過渡とされたという具合。
元の時間数に戻っても週12時間以上にはならない。(それしか出来ないといってあるので・・・・)

あいかわらず、売り上げはそれほどアップしていないようで苦しい状態は続いているようだ。もっとも、どの店も売り上げが悪いとかで、不況の影響を感じてしまう。

ちょっと前まで好調でぐんぐん上がり続けていた不動産価格もついに上限まで来たのか、次は下がっていく方向へ。同時に、いままで好調に売買されていたのに、売りに出してもなかなか売れず、という状況になってきているらしい。
いままで、バブル?!って思うほど価格が上がっていたので、そろそろ本来の価格まで落ち着くころなのかもしれない。

小売り産業も買い控えたり、より安価なものを求める傾向がつよくなり、なかなか売れない時代になっているようだ。

ものが売れなければ、お店なんかが新しい人員を雇わなくなり、仕事を探している人にとってはなかなかコレという仕事が見付からなかったりしている。

そんななか、ちょっとでも働かせてくれるところには居座っていたほうがいいかもしれないよなぁ・・・・
コメント

春休み

2009年03月14日 | その他・過去ログ
来週は春休み。前後の土日を入れると9日間のやすみだ。
たまにイースターがこの辺りに来ると、春休みとくっついて長くなることもあるが、それでも2週間くらいというところか。

春休みを利用して出かけるという人は、ハワイ、カリフォルニアのディズニーランド、メキシコっていう感じか。
それか、ちょっと離れたところに住む、両親、親戚のところへ遊びに行く、といか。

うちの場合、海外旅行は絶対ない。それはお金がないのと、だんながケチなため。
夏休みに日本に帰るだけで、大散財なのでね。
たとえそういうのがなくても、けちなだんなと旅行に行くと、へんな所でけちったりしてつまらないんだもん。

そして我が家のばあい、ちょっと離れたところに親戚がいない。
義母は近くに引っ越してきたし、兄弟はいない。いとこ、おじ、おばが東の果ての週に居るが、遠すぎていく気になれない。
カナダは、国内線が意外に高いし、乗り継ぎを考えると、時間もかかる。日本に直行便で帰るのと変わらなかったりするのだ。

だから、この春休みも家でのんびり・・
したいところだが、子どもがいるとそうも言っていられないだろうな・・・

ただ、やすみのいいところは、学校の送り迎えがないこと。
娘は9時から3時まで学校に行くが、息子は9時から12時まで。
どちらも同じ学校に行っているので、朝2人をつれて学校へ行き、昼むすこを迎えに行き、3時に娘を迎えに行く。
と、いうわけで、学校に一日3往復。
面倒くさい・・・

これがない分、気が楽だわ。それと、いつもの習い事もやすみになるので、そういうのに連れて行くこともないからやっぱり楽・・

ただ1日家にいる子どもの相手をしているのがちょっと大変かな。
それも1週間くらいならあっというまに過ぎちゃう・・友達のところに連れていったり、宿題させたりしているうちに・・

3人目の子どもが生まれるのでフルタイムでの仕事を産休で休みはじめたという人が、
「仕事しているほうが楽・・」と言っていた。
家にいて子どもの相手しているのって、結構大変だし、疲れるもの。
世のお母さん達は大変なのだ。
コメント

雪・・だし

2009年03月10日 | その他・過去ログ
昨日午後、いきなり雹だの大粒の雪だのがどどーーと、音を立てて降ってきた。
なんじゃー、と思っていたら、大粒の雪がどんどん降り続ける。
それでも、道路に落ちる雪は大体溶けてしまい、夜には止んだので、ひと安心していた。

そしたら、今朝起きたら5センチは積もっている?っていうような状態になっていた。夜のうちに降ったらしい。そしてまだ降っているし・・・
はー、学校は休みにはならないだろうけど、この雪の中子どもを送っていくのは嫌だなぁ。
朝のうちは、道路もまだ車の通行量が十分じゃなくて滑りやすかったりすることが多い。
もともと運転が苦手だけに、コワイのよね。

それで、だんなにお願いして2人をつれていってもらう。助かった・・・
12時に息子を迎えに行くのだが、この頃には雪も止んでいて道も綺麗になっていたので心配なし。私が迎えに行ける。

このまま今夜また降ったりしなければ、明日も大丈夫だろう。頼むよ!!

ところで私はいま、おでんが食べたい!たまたま、のぞいたネットのページでおでんの写真を見て「食べたーい」と思った訳。
こちらでおでんを作るとなると、結構大変。練り物は日本食品店に行かなきゃ買えないし、結構高い。
それで作っても、食べるのは私とだんなだけ。だんなはせっかく作っても「おでんだー」と喜びはしないし。日本人じゃなくちゃ、この感覚は無理かも・・・

しかも材料費が高かったのよ~なんて言ったら、けちなだんなは「もったいな!」って文句いいそう。

通常夏に日本に帰る私は、おでんを食べる機会がないのよ~。たべたいなぁ。(作るか・・やっぱり)
コメント

掃除

2009年03月08日 | その他・過去ログ
私は、家事が得意でもなく、好きというわけでもない。

洗濯は全自動洗濯機がやってくれるのだが、わたしの変なこだわりで(?)子どもの服と私の服は物干しみたいなラックに干している。タオルやシーツなどは乾燥機で乾かすのだが。だから、洗濯は意外と時間がかかる。それでも嫌だー、というほどではない。

料理は得意でもないし、大好きでもないが、私が作らなければ他に作る人がいないのでやっている。お菓子をたまに作るのが好きって程度かな。

そして一番嫌いなのが、掃除。面倒くさいんだなぁ。こっちの掃除機って大きくて、重くて、音もうるさいから余計イヤになる。

仕事やらでちょっと忙しいと、だから掃除が一番後回しになる。
なので、うちのなかは汚いのだ。
しかも、来客も滅多にないから汚くしていても気にならない・・など悪循環というかなんというか(っていうか、ただの怠慢だけど)

せいぜいうちにくるのは、子どもの友達くらい。子供は多少家が汚くても気にしないので掃除はやっぱり後回しなのよねぇ。

そんなわけで、仕事場のスーパーでも、クロージングという最後のシフトが一番キライ・・だって、掃除が主な作業なんだもの。
コメント

雛祭り

2009年03月04日 | その他・過去ログ
雛祭り。
日本にいれば、おひな様やらの関係グッズがあちこちで見られたり、それっぽい飾りがあったり、幼稚園などで取り上げたりするだろうから、子どもも自然に日本の昔からの行事の一つと覚えていくだろう。

カナダにいれば、当然そういう外部からの情報がない。家の中で、親がそういった準備をして教えてあげない限り、子どもはそんなものがあるのも知らないままだ。
日本語学校で取り上げることもあるが、そこでちらっとそれに触れたくらいでは、すぐ忘れてしまうのが関の山。

我が家には娘がいるが、お雛さまはうちにはない。小さな飾りのような、お内裏様とお雛様のセットが一つあり、これを代替としてこの時期に飾ることにしている。
日本で買ってもって買える・・というのも考えたが、ちょうどその時期に帰ったことがないので駄目だった。

日本から送ってもらう、という人もいるが、うちの親は「壊れたら困るから、心配で後れない」という。まぁ確かにリスクは高い。
実際、なくても困らないものなのでなにも、高いお金を出して送ってもらうこともない。

私の実家には、ガラスケースに入った雛人形があったと記憶している。
中の人形は小さいけど、一応三人官女や五人囃子くらいまでは入っていたような気がする。
記憶がかなり曖昧なのは、この雛人形があまり飾られなかったため。

うちには私と妹の女2人がいたにもかかわらず、なぜか雛人形がほとんど飾られることがなかった。
なんで?と後に聞いたら、「なんでだろうねぇー、あはは」と母の答え。
多分、仕事やらで忙しかった母なので、忘れちゃったり、面倒くさかったりしたのかもしれない。

おかげで、私も20代後半にやっとこ結婚(それも親は大反対の外国人のわけわからないやつと)、妹はまだ独身なんていうことになってしまった。
それもこれも、雛人形を出してくれなかったからに違いない・・
などと、人のせいにしても仕方ないね・・

今年も、小さな、お雛様とお内裏様を出してきて飾った。
息子「あれなに?」私「お雛様とお内裏様」息子「ふーん」(まったく興味ないので話はそこで速やかに終了)
娘「あれ、出したの?」私「そうそう、もう出さないとね。それで雛祭りが終わったらすぐ片さないと、娘が結婚が遅れるって言うんだよ」
娘「結婚しないからいいよ」・・・・・・

ちなみにだんなが、朝ラジオのニュースで、日本では雛祭りといって・・云々と紹介されていたそうだ!びっくり。
今日はだんなにお寿司をごちそうになって嬉しかった。アリガトウ。
コメント