冬は雨降り・・夏は素晴らしき・・住めば都

チャー助です。
カナダ・バンクーバーに移住して18年ほど。生活・子育て・日本について思うこと等を綴ります。

犬 と 猫

2018年06月29日 | 生活
ネットで読んでいるマンガで、犬と猫両方とも飼っている漫画家さんが、それぞれの面白い点、笑える点、問題点などなど、犬猫両方との楽しい日常を綴っているものがある。
これが大好きでせっせと読んでいるが、なんと単行本が発売されたとか。こ、これは、妹に頼んで買ってもらわねば、と鼻息荒くラインでお願いしておいた。
発売日(か、その翌日くらい)に書店に行った妹が売り切れてたという。え!人気作品なんだなー。(よくよく聞いたらそこの書店は5部しか入荷しなかったらしいが)おそらく、それほど売れないかも、と思って控えめにスタートしたものの思った以上の売れ行きだったようだ。
それで重版ということになったらしい。で、妹も無事買える予定。日本に行ったときに見るのが楽しみだ。

さて、我が家には犬がいる。ポメラニアンだが妙にデカくて多くの人から「え?ポメラニアン???」といわれる。近所にメスのポメラニアンを飼っている人がいるのだが、ここのポメがまた通常よりやや小さめなもんだから、うちのと並ぶとその差が大きい。うちの犬の3分の1くらいしかないんじゃないか・・・?っていうくらい。
そこのうちの飼い主さんは中国系で、週末はお姉さんと弟が2人でよく散歩している。平日はおばあちゃんが散歩しているのだが、おばあちゃんの友達と思しき人も一緒に歩いていることが多い。このおばあちゃんたちは、中国語(北京語)しか話さないようなので、私とあってもニコニコして「ハロー」と言い交わすだけだ。おばあちゃんの友達は初めてうちのポメを見たときなにやら驚いている様子。おばあちゃんが何やら言っている。おそらく同じ種類の犬だけど、あっちの犬はちょっと大きいんだよね、とか言っているみたいだ。おばあちゃんの友達は「アイヤー」とかいいながら、何やら言ったのだが、「太ってるねー」とどうも言ったらしい。中国語分らないんだけど、なぜか分ってしまった・・・(苦笑)
でもそれに対して中国語でどうこたえるか分らないのでそのまま「じゃー」って感じで別れた。

太っている話といえば、たまに散歩中に会う若い女の子が連れている犬もちょいと肥満気味だ。何かのはずみで、うちの犬、ちょっと太ってるから・・ってなことを私がちらっと言ったら、あ!同じこと悩んでるかも?と思ってくれたらしい。「しょっちゅう、その犬は太ってるね、もっと運動とかさせて体重落とさないとね、とか、太り気味だと短命だよとか言われちゃうのよ!」と言い出した。「わかるんだけど、この子走り回らないしどうやって運動させるっていうのやら。食べ物だってそれほどあげてないのに・・・」などなどと続ける。うんうん、わかるわかる。と、心の中で納得する私。自分の犬がちょいと肥満気味っていうことは自分たちがよく分っているんだ。それを他人からああだこうだと言われるのにはもう飽き飽きしているんだよね。「わかってるから!言ってもらわなくても分ってるから!これでいいとも思ってないから!そういうの大きなお世話だから!」って気分になるよね。

猫は飼ったこともないし飼おうと思ったこともない。おそらく実家の母がとても猫を嫌っているのでなんとなくそれがうつっているいるのかもしれない。別に嫌いではないが興味があまりないというか。考えてみるに、猫を飼うというのは犬を飼うのと随分違うだろうな。
猫は散歩が必要ないのは楽そうだ。猫のトイレの掃除とかは面倒かもしれないが。餌代や病院代なんかはそれほど違いがなさそうだ。知り合いで猫を飼っている人によると、歯磨きや爪切りやお風呂をしない(というか出来ない)とか・・・うん、それはラクそうだ。
外に出ない猫も多いのでノミとかの予防薬も必要ないだろうなぁ。
犬は猫と違って高いところに登らない。だから、キッチンカウンターとかに何かを置いておいても盗まれる心配はない。知り合いのうちではキッチンのストーブ(調理器具)の上に乗ってしまうことがあるので、使った後はなべとかやかんとかを乗せておくといっていた。でないと上を歩いて猫がやけどしちゃうから。こっちのは電熱なのでけっこういつまでも熱いままだし。
高いところに登るということは、猫に上から見られているっていう状態があるってことだ。これは慣れれば何ともないのかもしれないが、慣れないとイヤかもなあ、と思った。たかが猫だが、やっぱり上から監視されているようでイヤだなあ・・・

犬の愛情過多っぽいところが苦手っていうひとには、あっさりした猫の方がいいのだろうと思う。
でもこれも慣れみたいなもんで、犬の愛情過多もたいして気にならない。構ってちゃんな人に比べれば全然面倒くさくないと思う。
というか、愛情過多・・とも感じない。(単に私が鈍いのか・・?)
かまってほしい・・・と遠くからじっと見ている様子を発見すると、かわいいなぁと思っちゃう。でも忙しければほっとくけど。それでもじっと待っているところがかわいいと思うのだが。そういうのが負担と思う人もいるのかもしれない。何度も書いちゃうがそういうのも慣れで、気にしなくなってくるもんだと思う。(私だけだろうか)

犬と猫両方飼う気は起きないし、犬の多頭飼いも私には無理。いまのような感じが私にはあっているようだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 学校終業 | トップ | 夏だけど。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生活」カテゴリの最新記事