冬は雨降り・・夏は素晴らしき・・住めば都

チャー助です。
カナダ・バンクーバーに移住して18年ほど。生活・子育て・日本について思うこと等を綴ります。

日本人の細やかさとか礼儀正しさ?

2018年05月28日 | 日本のこと
日本にいた時には全然気にもしなかったことに、外に出てみると気が付いたりすることがある。
それはいいことであったり、あんまり良くないことであったりするのだが。

何年か前、日本に行ったときに買い物をしたお店でこんなことがあった。
買ったものを受け取った時に思わず、にっこりとお店の人に笑いかけてしまったのだ。そのあと、店の人が「なんだこいつ?」って顔をして、他の店員さんと顔を見合わせて苦笑していた。
ひ~!やってしまった。
日本では、お店で買い物をした後に、「ありがとう」だの声をかけるとヘンな人だと思われる、と私は思っている。まぁ、「どうも」とかなんとかあいまいに言って(でも微笑むのは無し)受け取るくらいならアリかもしれないが。
一方、こちらでは、お店にはいったら通常店の人が「ハロー」とか声をかけてくるので、こっちも笑顔であいさつ。スーパーとか大きな店の場合はさすがにそこまでやってくれないし、はっきりいって態度悪!っていう店員も結構いるのだけど。それでも、大きい店はお客が来なくなるって心配は少ないからできるんである。小さい店だとそれぞれのお客さんをある程度大切にしないと、また来てくれないと困るということもあるだろう。もっとも「わかるやつだけ来ればいい!」と思っているような店ならその限りではないかな。

店員さんが親切なのは日本の方も負けてない。いろいろと細かな気遣いもしてくれるし、客からしてみるとここでの買い物は良かったなと思わせる接客をしてくれると思う。
でもお客さんの方はフレンドリーでもなんでもなくて、無言で買って帰っていく、のが日本式なんだと思う。
こちらだと、お店の人となにやら仲良く話しているお客さんが多い。知り合いなのかなと思ったら全然違ったり、とその時だけ会った人でもここまで仲良く話すんだ~と最初はびっくりした。
これはスーパーでも同じ。レジの人とベラベラ話しているお客さんも多い(たまに困るのは、レジのひとが話に乗っちゃって、手が止まってるよ、オイ!って人がいることかな)
だけど、日本のスーパーでレジの人に世間話程度のことで話しかけたりしたら、絶対ヘンな人認定される。

なにかの記事で読んだが、日本人は礼儀正しいと言われているがそうではないと思う、ということが書いてあった。
旅行に行くときに飛行機に乗る、乗り込むときにCAがにこやかにあいさつしてくれるが、それに対して返事をする人はいない、レストランでワインをサーブしてくれる人にもお礼を言わなくて当然と思っている、とか。
そういえばそうだなぁ、と思いつく。私も1年に1回程度ではあるが飛行機に乗る。私が大抵乗るのは日本の航空会社だ。CAさんはほとんどが若い女性で、とても親切で礼儀正しい。乗る時や降りるときにも丁寧にあいさつしてくれる。でも日本人のお客さんはそういうCAがいないかのように無視して前を通り過ぎる。でも、これって日本では当たり前。
私は子供が小さかった時、CAさんにもいろいろ迷惑かけるだろうと思い、恐縮しきりでいちいち「お世話になります」とかあいさつしていた。それは、どちらかというと、これから面倒掛けるけどちょっと容赦してね~といっておくことで、少し心証を良くできるかもしれん!っていう保険をかけているような気分だったと思う。
日本人の場合は、お店の人とかにフレンドリーにして、挨拶するとかってことが親切であるとか礼儀正しいであるとかとはイコールではないってことで、むしろ、公共の場でさわがず、迷惑をかけず、目立たず、しているということが礼儀正しいということだと考えているのだと思う。

別に日本式が悪いと言いたいのではない。日本ではこの方式でずっとやってきているのだから、いわば文化みたいなもんだ。それを多くの人が受け入れて社会は上手く回っているので、それを続けるのがやっぱり日本としてはいいのだと思う。
ということをふまえて、日本はこういうやりかたであり、カナダとは違う、ということを認めることがまさに、「郷に入れば郷に従え」ってわけで必要なことなのだ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 子供が車の運転を始めた | トップ | 卒業式 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本のこと」カテゴリの最新記事