冬は雨降り・・夏は素晴らしき・・住めば都

チャー助です。
カナダ・バンクーバーに移住して18年ほど。生活・子育て・日本について思うこと等を綴ります。

その土地の空気

2018年04月11日 | 生活
息子が入っているスカウトみたいなものの活動に連れて行くことになった。
以前より入っていたスカウトグループからは、娘が抜けて、そのうちに息子も抜けていった。いまは娘はスカウト関係は何もやっていないが、息子は違うグループに入ることになった。
もともと私はスカウト関係にはタッチしてなくて、だんながあれこれやっていたのだが、その当時はだんなもスカウトに関わっていたからこそで、全然関わらなくなった現在は私もなんとなく送り迎えとかすることになったりしている。

いままで入っていたグループはほとんどが中国系の人だったが、今度はそれほどの比率にはなっていないらしい。でも中国系の人はやっぱり多い。バンクーバー周辺に住んでいたらこれはもう当たり前の状況なのだ。
活動の場所が私たちの住む市より東の方にある市にあり、結構遠いのと、私が今まであまり縁のなかった地域なので、送り迎えといっても「行けるのかな・・・」とドキドキする。

この市(この市と隣同士のあと2つの市と合わせて、このあたりはトライシティと呼ばれている)の中心地というような、ショッピングモールが集中しているあたりを通って行くのだが、当然そういうところは車もすごく多い。
メトロタウンとか私の住む市内のショッピング中心地も人が多いが、メトロタウンは車もたくさん走っているが、歩道に人もたくさん歩いている。トライシティのショッピング中心地は、歩道に人があまり歩いていない。車ばっかり。ところにより片側が3車線ずつというような広い道、ショッピングモールがたくさん並んでいて、まさに郊外のショッピング中心地といった雰囲気だ。
ともかく来慣れていないので、車を運転していても緊張する。基本的に道なりにまっすぐ行けばいいのだが、いきなり自分の走っていた車線が右折のみっていう車線に変わっちゃったりして、気が付いた時には車線変更にはすでに遅く、右折を余儀なくされててしまったこともある。右折したら、「で、ここはどこ?!」になったりして、とにかくどっかでUターンせねば・・と焦る。

今日は吹奏楽の練習ってことで、私が連れて行くことになった。正直、行きたくない・・・。遠いんだもの・・・。
順調に走って40分くらい。もっと早く着ける道のりもあるのだけど、これがまた私にはよくわからない道なのだ。途中、ハイウェイと普通の道に分かれるところがあるのだが、そこを間違えてしまいそうで。間違えちゃったら、長い橋を渡ってサレー市っていうとこに行っちゃう。橋なんてのっかっちゃったら途中で降りられないし、戻ってくるのは大変な道のりになる。
なので、私は自分でも間違えずに行けそうな道を行くことにした。

ショッピングモールが並んでいる大きな道を走り、それがひと段落する頃に(そのあと、またショッピングモールが集まっている部分がやってくるがその手前)、北へ向かう。住宅地とちいさめのショッピングモールとが出てくる中を走る。結構長いこと走る。
地元の人たちは慣れてるからスピード出してるけど、こっちは、あんまり早く走って曲がるところをミスってしまうのが心配で慎重になる。

この辺りに来ると、なんというか、私の住んでいるところあたりとは、空気が違うのを感じる。
なんかもう少し水気を含んだヒヤッとした感じ。気温も実際に少し低いのかどうかはわからないのだが。
私の家の辺りも木が多いのだが、ちょっと違う感じ。
肌で感じるこのヒヤリとした空気はなんでなんだろう。
そういえば、ノースバンクーバーとかもヒヤッとしていて、似ている感じ。
山が近いとか関係しているのかもしれない。山がない、平らなリッチモンドなんかだと、もっと乾いているような感じだもんなあ。

このあたりにくると、なんか、遠くに来たなぁという気分になる(実際、私としては結構遠くに来てる)。
だから空気が違って感じるのかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ユニクロ | トップ | レンジ騒動 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生活」カテゴリの最新記事