おどろき森の季山野の記

山、花、木、草、空、季節の表情をお届けできたら~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

右田ヶ岳山頂

2015-01-22 | 

右田ヶ岳のつづき~、山頂へ到着!

中学生?のグループをはじめ大勢の人々で山頂は大賑わい~、さすがに人気の山ですねぇ~!

標高426メートルからの防府市街~。いつの間にか、空いっぱいに雲が広がっています。

登ってきた岩また岩の尾根筋を眼下に見下ろす~。

石船山の右手の駐車場にマイカーが見えます~。

野鳥~、発見!

望遠で防府市街~、向うに向島(錦山)、手前に「花燃ゆ」の文さんが夫の楫取素彦とねむる桑山~。

左から、山陽新幹線、国道2号、山陽自動車道と日本の大動脈が走っています。

東に遠く大平山、その手前にやはずの矢筈ヶ岳~、そして手前の岩尾根は下山に歩く塚原ルート。

望遠で、先に下山中の皆さん~。

昼食後は来た道と逆方向に下山開始~。遠く稜線が美しいミニ八ヶ岳こと、火の山連峰~。

すぐに山口盆地の展望ポイントへ、サビエル記念聖堂の白い2本の塔や山口県庁(その右のビル)など。

山陽道や新幹線から山容を見て登山の来られる方も多いそうですが、

やはり、歩いてみると人気の理由はよくわかりますねぇ~。

 

 

 

 

 

 

コメント

右田ヶ岳登山

2015-01-20 | 

お日さまマークの天気予報に誘われて、防府市の右田ヶ岳へ~。

まずは、ポピュラーな天徳寺からのスタートです。

青空と最初のピーク、石船山を望む~。

望遠でみると、登って(中央上)ますねぇ~!

磨崖仏の登山道~。

 

音がするたびに振り返ると新幹線、こちらウェストひかりか~?

南に防府市街を展望~。

西に西目山、その向うに端正な楞厳寺山を眺めながら高度を上げていきます~。

まだまだ山頂には遠い~。

望遠で山頂、賑わっているもよう~。

あえてタイトルを登山とさせていただきました~。

石船山(左)、山陽新幹線(右)を眼下に~。

これらのピークを越えてきました~。

鉄道ファンには絶好な撮影ポイントか~?って、天神山でも書きましたっけ~。

花崗岩の尾根はつづく~。

そして、急登の尾根道はまだまだつづく~。

つづく~。

 

 

 

コメント

山の店右田でまったり

2015-01-19 | 日記

昨日は、防府市の名峰右田ヶ岳へ登ってきました。

山歩きではなく、山登りという言葉がぴったりの山なので腰や肩が辛く苦手なんですが、逆に達成感はひとしおですね~!

山頂でのコーヒーもサイコーですが、下山後の珈琲も最高~!

窓から歩いたルートを眺めながら、珈琲と甘いものでまったり~、至福の時間です。

ちなみに、天徳寺から上り、塚原へと下る一般的なルートを歩きました~。

リュックや靴をはじめとした山グッズもおいてあります~。

品ぞろえは決して多くありませんが、厳選されたいいものが置いてありました~。

思わず、モンベルとキャラバンのグッズを衝動買いしてしまいました。

ほかにも、山での野点セットがとっても気になりましたが、グッとガマン~!

で、右田ヶ岳のレポはつづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

天神様へ初詣

2015-01-17 | やまぐち

本年の初詣でも回を重ねてきましたが、今回は天神さまこと防府天満宮です。

下山後、先ほど登ってきた天神山山頂(矢印)を望む~。

菅原道真公の御霊が降臨されたといわれる天神山でお祈りを捧げましたが、やはり本殿にも参拝します。

うしろが天神山~。

参拝ののち、参道を下ってみます。

本殿をふり返る~。

大河ドラマ「花燃ゆ」の幕末には宮市天満宮と言われていたそうです~。

そして、「花燃ゆ」のヒロイン「文」は、ここから南に2キロ弱のところにある桑山で、

夫である楫取素彦とともに眠っています~。

 

 

 

 

 

コメント

天神山へ初詣?

2015-01-16 | やまぐち

恒例の防府の天神さまの初詣のまえに、恒例?の天神やまへ初詣~。

で、菅原道真公の御霊が降臨されたといわれる神聖な天神山山頂と三角点。

右田ヶ岳が近い~!

鉄道ファンには絶好な撮影ポイントか~?

南に防府市街と瀬戸内海~。

東に遠く祝島~。

南西に光る瀬戸内海~。

眼下に防府天満宮(左下の矢印)~。

北に矢筈ヶ岳(右)~。

東は眼下に防府競輪、大平山(左)~。

 花崗岩の山頂から望遠で大平山~、もちろん山頂で御霊にはお祈りを捧げました。

さらに、大平山名物?山頂の鉄塔群全容~。

つづく~。

 

 

コメント